トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の記事

2005/10/26

「今のより痛いのはほとんどない」(鹿島日記-5)

 さて、前回の挑戦でようやくウェイキの左側へは行けたボクだが、右側には行けなかった。だけれど、その後もほぼ1週間から10日1回のペースで鹿島に通っていた(うーん、どこにそんな根性あったんだろう)おかげで、トゥサイド(つま先側)からも波の外に出られるようになった。ただし今のところ2分の1くらいの確率で、こける。今回はそのこける時のお話。

 2002年6月下旬、またまた〆切り目前、しかも沖縄で行われたサバニレースに出る直前、ふたたび一人でこっそり練習へと向かう。通称、朝練のコソ練(笑)。世の中は日韓W杯で浮かれ(ボクはオランダが出ないのを悲しみ)、鹿島スタジアムでも試合が行われていた頃だ。朝5時に起きて、6時50分東京駅発の高速バスで鹿島へ。ゆっくりと眠って目が覚めると8時過ぎ。鹿島セントラルホテルに着く。ここでうめちゃんにピックアップしてもらって、ゲレンデのあるMGマリーン鹿島へ。

 本日は波越えを複数回にわたって行うスラロームがテーマだ。ボートはスーパーエアノーティックだったけどウェイトをまったく積まずに波を小さくして(それでもかなりデカイんですが……)挑戦だ。まずは小手調べで左へ向かう。ヒールサイド(かかと側)のエッジを立てて左舷側に広がる。うん、これは大丈夫。ひざのクッションを使って、なんとかスムーズに波を越えられるようになってきた。さらにエッジを強く立てて踏んばり、ボートの左舷側に広がっていく。このフラットな水面が気持ち良い。ウェイクボードをやったことない人にも、ぜひともこの感触は体験してほしい。

 そしてボートの左側のウェイキを越えてボートの真後ろに戻る。そして右へ向かう……。

 バシュ!バチーン!

 ウェイキを昇り切った瞬間、バチーンっと転ぶ。顔面直撃。これ、やったことないけど、おそらくスノーボードなら首の骨折ってる。受け身をとる余裕さえなかった……。

「今のより痛いのはほとんどないから大丈夫ですよー!」

 とうめちゃんから優しい(?)アドバイス。って言ってもホントに痛いんだから……。やはりトゥサイドからの突っ込みで転んでしまった。曰くウェイキを越えてすぐにその場にとどまろうとしていることが原因という。そうかー。突っ込むか。と度胸を決めて今度は右へどーんと突っ込む。するとバシュっと波を乗り越え、なんとか立ったまま右サイドに出られた!やったー。

 この日はその後も2、3発「今のより痛いのはほとんどない」ようなのを喰らい、どうも首が痛いなーと思いながら出社。が、特に大事にはいたらずに済んだ。もっとも朝練の成果は、その日の夕方ころ、お昼寝というカタチで発揮されただけだった(笑)。


(「鹿島日記」は月刊オーシャンライフ誌に2002年頃、断続的に連載した筆者の記事を元に、加筆訂正を加えてブログ用に再編集したものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/21

初心者には贅沢すぎる環境(鹿島日記-4)

 この日は代休をとった。代休にもかかわらず鹿島に行くんだからもう立派なビョーキ(ウェイクボード病)である。カメラマンのKくんには内緒でコソ練だ!

 午前中の一本だけだったが、この日は水面を丸ごと貸し切り状態。そのうえボートはスーパーエアノーティック!。なんと贅沢な……。今日のテーマはウェイキの外に出る。初めは、トゥサイド(つま先側)に向かって進んで行くが、何度トライしてもウェイキのトップを越えたところで反転してしまい、そのままバランスを崩して背中からドボン!うまく行かない。ヒールサイド(かかと側)も同じだけど、こっちの方がちょっとましだった。引っ張られる前からボートの左舷側(ヒールサイド側)に浮かんで、ウェイキの外側で立ち上がってみた。「オーーー」なんと快適な……。その感覚を忘れずに、続いて中央からスタート。ヒールサイドのウェイキはヨッコラショっと越えられた。思わず、その瞬間にガッツポーズ。「イヤッター」と叫んでしまった。後で気づいたけど、自然にハンドルから片手を放していた。勢いあまってというところだけど、とても感激。つくづくウェイクってなんて面白いんだろうと思った。

 と今回に限ってはあまりナーバスにならずに帰路についた。

 それにしてもボクの環境は贅沢である。アメリカの老舗トウボート(引っ張り物の水上スポーツ用ボート)メーカーであるコレクトクラフト社のノーティック、スーパーエアノーティック、同じく米国最大(=世界最大)のトウボートメーカー、マスタークラフト社のXスター、X-7とまさに世界のトップクラスのトウイングボートで滑っているのである(いずれもこの原稿が書かれた当時の最新鋭モデル)。しかもX-7に至っては輸入されてきたばかりの試乗艇で引っ張ってもらっているのだから……。ボートも先生(井上さん&うめちゃん)も水面(鹿島の水面は素晴らしい!)も最高の環境にありながら、歩みの遅い進歩……すべて筆者の不徳のいたすところでございます(笑)。一応ここで、今後の(小さな)目標を……とも思ったんだけど、実現できないと悲しいので自然体でウェイクボードと付合って行きたいと思う。

(「鹿島日記」は月刊オーシャンライフ誌に2002年頃、断続的に連載した筆者の記事を元に、加筆訂正を加えてブログ用に再編集したものです。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つーふーいっちょくせん

尿酸値が高め、というのは前に書いた。そういうわけでほんの少しだけ、本当に、本当に、ほんの少しだけ、食生活に気をつかっている。どのくらいほんの少しかというと。

昨夜、ラーメンとギョウザを食べた。銀座の編集部近くのお店にて。これが確か夜の7時半頃。スープもそこそこ飲んでしまい、すっかりお腹一杯。編集部に戻り、パソコンに向かうが30分経っても原稿は1文字も進まない。もう30分頑張ってみたのだが……。「家で書く」と言い残して早々に退散。

9時半くらいに地元の駅についた。駅から家までの道のり、途中、行きつけの焼き鳥屋がある。赤い提灯に誘われるハエのようについつい立ち寄ってしまい……。仲の良い常連客を見つけ……。とりあえずビールを一杯。ボトルで入れてある焼酎の水割りを2杯。焼酎は身体に良いからね(とりあえず、ビールは別)。仲の良い常連客の誘いで、もう一軒の近くの良く行く飲み屋(スナック系)へ。そちらでハーパーの水割りを3杯。

気づくと12時を少し回っている。帰りにコンビニによりスナック菓子とアイスとコーヒー。それからサッカー雑誌を2冊購入。

ようやく家に戻って、パソコンを立ち上げ、原稿に向かう。

案の定、目が覚めたらコーヒーがこぼれていた……。よく覚えていないが、アイスは食べ終わっている……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/20

レッズが勝った!@CL

レッズが勝った!

今日の未明(日本時間)に行われた欧州チャンピオンズリーグ、グループステージG組で我がレッズはアウェイでアンデルレヒトを撃破!ジブリル・シセのゴールで1-0で勝った。これでグループステージ突破に大きく前進だ!
http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=2201/match=1100294/Report=RP.html

↑このシセの髪形かっこいい!

一方宿敵チェルシーは、ボクがリーガエスパニョーラでは最も好きなベティスに4-0という信じられないスコアで勝利。ちと、強すぎやしませんか???

にしても今季のG組はボクの好きなチームと選手が大集合!という感じ。レッズは別格として、ベティスも好きだし……。ベティスのトーナメント進出はちょっともう無理そうだけど……。

後は選手でアンデルレヒトのバンサン・カンパニー
http://jp.uefa.com/ml/images/Players/400X600/71507.jpg

それから同じアンデルレヒトのアンソニー・バンデン・ボーレ
http://jp.uefa.com/ml/images/Players/400X600/74684.jpg

このふたりはまだ10代だけど素晴らしいディフェンダー。是非とも来季はレッズに来て欲しい。

それと宿敵チェルシーは基本的に嫌いだけど、選手としてはロッベンがいい!
http://jp.uefa.com/ml/images/Players/400X600/57134.jpg

ところで、バンデン・ボーレもロッベンも若いのにオヤジ顔だなー。特にロッベンは額に掛かる前髪が……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/19

厄病神あらわる(鹿島日記-3)

 さて、今日はウェイクボード3回目のチャレンジだ。今日はマスタークラフトX-7というボートで引っ張ってもらった。今回はとにかくまっすぐ行こう!を目標にしている。立ち上がってからは、相変わらずラインのテンションに頼りっぱなしでうまく行かない。まるでロデオに乗っている人が手綱をさばいているような暴れよう。が、インストラクターのうめ先生(塩田清美プロ)の「ボートの上の方を見て!」の一言で変わった。ウェイクタワーのちょうどラインの付け根辺りを見ていると案外バランスがとれるのだ。そうか、こうやって滑るのか……。ボクはこのとき初めて本当に「面白い」と思った。

 その日はじっくりとトッププロのライディングを間近に見させてもらった。田中真帆プロ(真帆ちゃん)に、塩田プロ(うめちゃん)、そしてYOSHIKOプロ(ヨッちゃん)の3人である。いずれもSOTARO'S所属の女子のトッププロだ。じつにすごい。どうしたら、あんなことができるのか?と本当に驚いてしまうくらい彼女たちのライディングはすごいのである。でもここ3回の実体験で気づいたことがある。よく取材では良い絵柄を撮影するために、何本も何本もライディングを「強要」する。夏場の暖かい季節ならば良いが、冬場も同じように強要するのだから、じつに編集者と言うのは質が悪い。ところが実際に自分でやってみると、なんて「鬼」のようなことを言っていたんだと、はたと気づいた(気づいただけで、それを今後やめようとはさらさら思っていないが……)。

 今日のゲレンデにはSOTARO'S特製のスライダーが設置されていた。これはエンビパイプを組み合せたジャンプ台のようなもの。みんなこの上を滑って行くのだが、すごい根性あるなーと関心。ところが、YOSHIKOプロの3本目でトラブル発生。スライダーに激突し、手を数カ所ざっくりと切ってしまった。ふと気づいた。ボクが鹿島に来ると何かが起こる。前回のライン巻き込み事故に今回のヨッちゃんの怪我。ボクって厄病神?またまたかなりナーバスになって帰路についた。

(「鹿島日記」は月刊オーシャンライフ誌に2002年頃、断続的に6回連載した筆者の記事を元に、加筆訂正を加えてブログ用に再編集したものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傘いらず2

昨日は朝から蒲郡まで行ってきた。東京発6時5分。私の住む場所から西武線の始発でもこれには乗れない。最寄りの中央線の駅までタクシーで行こうと思い、前の晩のうちに予約をしようとしたが、「雨の日は早く埋まっちゃうんですよ」と配車拒否!雨の中、自転車で武蔵境まで走るのはつらいし……。が、良く調べてみるとこの「のぞみ」品川にも止まるではないか!品川経由ならぎりぎり乗れる!ラッキー。降りしきる雨の中、自宅から駅まで傘をさして歩いて行った。

名古屋までいったん出て、戻るカタチで蒲郡まで。朝のラッシュ時間帯にぶつかり、寝不足のボクは目まいがする。短い時間だが、結構混みあっている。蒲郡の駅につき、外へ出ると依然としてぱらぱらと雨が。タクシーに乗り込んでマリーナに向かい、取材開始である。最初のうちこそ雨模様だったが、外で撮影を始めた頃から、雨が上がる。おかげで無事に取材も終わった。

結局、今日も傘を使うのは自宅と駅との往復だけか……。そう思いながら東京への帰路についた。東京に戻ると、雨は降っていない。夕飯を食べて、電車に乗り込み、ふと気づいた。「あっ、傘忘れた!」たぶん、東京から乗った地下鉄。まったく苦労しながら長物の傘を持ち歩いたというのに。最後の最後で……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/18

水色のワンピース(鹿島日記-2)

 前回の、「立てなかった」初チャレンジから数日。再び鹿島を訪れた。前回、まるで立て(その気配すら)なかったボクは、立ち上がるまでのプロセスをひとつひとつ細かく聞き、それを大切にイメージしながら日々を過ごしていた。ボートとの生命線であるライン(引っ張られるロープ)にテンションが掛かり、しゃがんだままの姿勢でボードに乗っかり、少しトゥサイド(つま先側)を滑らすようにする。後は引っ張られるに任せておく……。先生(井上さん)に言われたままのことを繰り返し頭の中でイメージトレーニング。イメージの世界では立てる気配が少ししてきた……。

 チャレンジ2日目。イメージトレーニングの成果か、何度目かの挑戦でついに立ち上がった。実際にやりながら、頭の中でイメージトレーニングと同じプロセスを反芻している。「イヤッターーーー!」立てた!!……しかしすぐさまバランスがとれずにドボン!そうだ、まだこの先のプロセスを聞いていなかった。

ま、でもなんとか立つには立てたぞ。

どうも周りに聞いたところでは、ふつうはこんなに苦労しないらしい。某造船所の専務に「1日中、立てなかった」と言ったら大笑いされ、別の友人(前回コメントをいただいた「とも」だ)からは「おじいさん、クララが立ったわ!」と『ハイジ』のありがたい名台詞をいただいた。そこで近いうちにブロンドのズラとボクに合う(?)水色のワンピースを送ってくれるらしい。ぜひともクララ風コスチュームをしたボクを見たいそうだ。でウェイクボードをしてくれと言うリクエストだった(考えておきます)。……結局これは実現しなかったが、これでよし、ということにしておこう。

 なんとか人並みに立てるようになった(あれが人並みといえればだが)が、今度は長時間すべれない。しばらく(数秒間)は良いんだけれど、ラインのテンションが変わるたびにひっくり返る。その後いただいたアドバイスはラインに体重をかけすぎないこと。そうか、ラインのテンションは常時そんなに強くないんだな。と、また頭で理解してから次回のチャレンジに期すのであった。

 とは言うものの、初めて立ち上がれたことでボクはかなり「浮かれ」ていた。ボクの次に前回同様カメラマンのKくんが水の中に入ったのだけれど、「浮かれ」すぎていて不注意にも、彼に渡すラインをプロぺラにからめてしまった。あまりの自分のバカさ加減に嫌気がさす。またかなりナーバスになって帰路についた。

(「鹿島日記」は月刊オーシャンライフ誌に2002年頃、断続的に6回連載した筆者の記事を元に、加筆訂正を加えてブログ用に再編集したものです。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/17

傘いらず

東京の天気はあいにくの雨。どうやら一日降ってたらしい。「どうやら」というのはボクは日中、東京にいなかったから。今日は朝から飛行機で福岡へ日帰りの旅。最近は日帰りばかりで嫌になってしまう……。そういえば一日中、傘といっしょに過ごした。でも使ったのは、延べ15分ほど。実際に必要なのは自宅から西武線の最寄り駅までの往復、その15分だけだ。朝から降っていたから止むを得ず傘をさして駅に向かう。その後は西武線、JR、京急と乗り継ぎ羽田空港へ。まったく外に出ないから、まったく傘はいらない。飛行機に長い傘を持ち込んだのはそういえば、今日が初めてだ。帰りのことも考えるとどうしても必要。

福岡に降り立つ。案の定、快晴に近い、良いお天気。こんな日に長い傘を持ち歩いているのはボクだけ(笑)。かなり間抜けである。仕事が終わり、夕方、福岡空港へ。そしてまた羽田空港……お、かなりの大雨!傘が役に立つ。とはいえ帰りも結局同じだ。モノレールを使おうが、バスを使おうが、京急を使おうが、いずれにしても雨に濡れずに自宅の最寄り駅まで来れてしまう。タクシーにでも乗れば、まったく傘もいらないし……。

何だか最近、本当に傘が必要だと思う機会が少なくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

オーマイガー!(鹿島日記-1)

 「鹿島日記」は月刊オーシャンライフ誌に2002年頃、断続的に6回連載した筆者の記事を元に、加筆訂正を加えてブログ用に再編集したものです。ネタとしては古くてスミマセン。ウェイクボードをはじめてやって立てなかった方には参考になるはず!?

 ボクがウェイクボードをはじめたのは2002年5月17日の事。雑誌の〆切り間際だったけれど、ボートを取材したついでにでチャレンジしてみた。場所は茨城県鹿島にあるMGマリーンというマリーナ。ここにあるウェイクボードショップ&スクール「SOTARO'S」の井上壮太郎さんにお世話になった。

 さっそく挑戦である。着慣れないウェットスーツをヨッコラショと着込む。どうにも太ももとふくらはぎとが太すぎるようで、圧迫されてしょうがない。ま、我慢我慢。次いで桟橋におりて、ノーティック(ボート)に乗り込む。何だか学生時代の緊張感、たとえば試験やスポーツの試合の前のような、そんな感じが蘇る。ボクは小中高とサッカーをやっていたけれど、高校最後の地区大会で引き分け、PK戦の末、敗れた。そのときのPKを蹴る前の緊張感が近いかも。今にしても思えば、あれだけ緊張していればPKを外す訳だ(笑)。高校最後の年の約1年前に行われたサッカーW杯メキシコ大会。準々決勝ブラジル対フランスのPK戦でミシェル・プラティニのはずしたPKを思い出し、それにどれだけ励まされたことか……。そうだ、サッカーの話ではない。ウェイクボードである。

 井上さんと「SOTARO'S」所属の田中真帆プロに見守られ、さっそくファーストチャレンジ。まずはウェイクボード(板の上にブーツが固定されている)を履くのにひと苦労。もう少し腹を引っ込めないと前屈みの作業は苦しい〜。なんとかウェイクボードを履けたが、緊張からか物凄くぐったりする。そのままボートの後ろから入水(ジュスイとは読まない、念のため)。ライフジャケットとボードの浮力でラッコのような体勢で浮いているが、沈んでいる状態の腹筋にだけ妙に力が入っている。

 「はーい、お願いしマース」。少し大きな声を出すと、緊張は和らぐ。ボボボっとスーパーエアノーティックが微速前進。その瞬間、ボクは前のめりに水面に突っ込み、緑茶に牛乳を混ぜたような美しい色合いの常陸利根川の水をしたたか飲んだ。その後20分ほど続けるがへとへとになり交替。次に滑ったのは同じくビギナーのカメラマンのKくん。すいすいっといきなり立ち上がり、ばんばん滑るではないか!!チークショー。午前の部・午後の部、延々繰り返すこと延べ50分余り……、ついに立てず仕舞い。「オーマイガー!」。翌日からの激しい筋肉痛を予想しながら、かなりナーバスになって帰路についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プライオリティ

来年のW杯、オランダの本大会出場に引き続き、あちこちで本大会出場が決まりつつある。ボクの応援優先順位は、
1位「オランダ」:これは外せない!どこと対戦しようと最優先で応援。
2位「アルゼンチン」:やっぱりマラドーナの国だし。今はサビオラとダレッサンドロがお気に入り。
3位「イングランド」:リバプールファンとしては当然?
4位「ブラジル」:ロビーニョに出場チャンスはあるのだろうか?
5位「ウルグアイ」:レコバが現役でいる限りは応援しよう。

で、6位〜10位は順不同でイタリア、日本、アイルランド、スコットランド、スペインあたりが入る。という訳で、上位5チームと日本がぶつかる場合、おおっぴらに相手を応援できない。特に飲み屋とかで……。

ボクにとっての上位4チームが異常に絡んだのが98年のフランス大会。決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンとイングランドがぶつかり2-2。PK戦の末、アルゼンチンが勝ち上がった。確かベッカムがオルテガに切れてしまった試合? アルゼンチンが準々決勝で対戦した相手はオランダ。オランダが2-1でアルゼンチンを破り準決勝進出。そして準決勝はオランダ対ブラジル戦。この試合、オランダは1-1、PK戦の末、敗れてしまったけれど、あの時のオランダのベルカンプが挙げた得点は、いまだに世界最高のゴールだと思う。結局フランスが優勝したけれど、この大会の決勝トーナメントは面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/10/15

だからビールはやめられない

今年の6月に数年ぶりに健康診断を受けた。この結果はある程度思った通りだったんだけれど、恐ろしいことに尿酸値が少々高い。医者には酒の飲み過ぎだよと言われた。尿酸値が高くなると通風一直線。私の周りにも何人か通風がいるが、彼らの仲間入りは勘弁である。というわけでこの夏はなるべくビール(これはかなり悪いらしい)を避け、ホッピー&焼酎でごまかしてきた(最初の一杯だけビール)。
が、昨日、久々にビールを続けて3杯飲んだ。出張で蒲郡までトヨタの新型ボートを見にいった。その帰りに豊橋駅の居酒屋にて……。ボートに乗ったあと、海に出た後のビールは美味いんだよな〜。わずかな時間でも海に出るとノドが乾く。ついつい3杯も飲んでしまった〜。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/12

オレンジ

オレンジは昔から好き。
救命胴衣の色だから?……うそ。

何で好きなのかは今一つはっきりしない。

たぶん子どもの頃に好きだったサッカー選手ヨハン・クライフにたどり着くんだと思う。

理由は単純。ヨハン・クライフの活躍したオランダ代表のユニフォームがオレンジだから。

でももしかしたら、オレンジ色のユニフォームを着ているからクライフファンになったのかも。

オレンジ?

オランダ?

どっちが先か覚えてない。

いずれにせよボクのボウズ頭とは関係ない。

先日、W杯欧州予選でオランダのW杯本大会出場が決まった。
日韓W杯に来れなかったのは私にとっても痛恨事だった。
なぜならだいぶ前からオレンジ色のユニフォーム(ボクと娘の分)を買って応援準備してたから(バカ)。
ドイツには見に行きたいな〜オレンジ軍団。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/11

そういえば

ふと、思い出した。
そういえば、ココログの登録を遙か昔にしたな、、、と。

遙か昔……履歴を見ると2004年の11月。

もうすぐ、1年。

当時、何を書こうと思って、このページの登録をしたのか覚えてない。

とりあえず、テーマを決めても書き続ける自信はないので、あまり考えずに日記でも書こう。

って、実は夏前くらいからSNSのGREEに参加している。
あれは、あれで面白いのだが、限られたネットワーク内のことだし、
もっと別次元の外部に自己表現する場があっても良いなと。
そういうわけでオープンな日記を書いてみる。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年11月 »