« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の記事

2006/05/19

ぺちッと叩いて伸ばした感じ

 それはぺちッと叩いて伸ばした感じだった。

 私の持っている12インチのiBookに比べると、昨日発売になったばかりのMacBookはそんな印象だ。わずかに左右に広い。そして厚さはわずかに薄い。まるでiBookをピザ職人がグルッと回して伸ばしたかのような……というとカッコよ過ぎるから、ぺちッと叩いて伸ばした感じ。

 アップルストアに早速実物が並んでおり、かつ販売されていたので手に取って眺めてきた。黒いモデルと白いモデル。PowerBookG3シリーズを彷彿させるブラックバージョンの見た目は結構いい。しかし熱を持つことを考えると白い方が良いか?汚れを考えると黒い方が良いか?外観で変わったのは本体とモニター部分のヒンジが大きくなったこと(iBookに比べて)。ヒンジの大きさが12インチのPowerBookG4以上になっており、ここがもげることは無さそう(かつてあったので……)。モニターを閉じた時に今まではフックで引っかけていたが、MacBookは磁石で固定するようになっている。これならフックが壊れてぱかぱかしてしまう心配も無い(今のiBookがそうなので……)。

 でもって肝心の重さ。大きくなっただけにわずかに重い。今のiBookでもうんざりしているのにそれより重いって……これでは食指は動かない。余計な機能、、、iSightとか内蔵カメラとか要らないからもっと軽くして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/18

チャンピオンズリーグ

 最近は毎日5時起きなのだが、今日は3時半に起きた。そうチャンピオンズリーグ決勝戦!バルセロナとアーセナルとがパリで対戦した。ベルカンプのおそらく最後となるであろう公式戦でもある(ホントに引退なの?)。

 前半からアーセナルが優勢に試合を進める。アンリが相当に切れていた。これは予想外にアーセナルが攻めていてなかなか面白いぞ!しかしロナウジーニョ、エトーの一瞬の突破からGKレーマンがペナルティエリアを出たところでエトーを倒し一発退場。これには正直、驚いたし、がっかりした。面白い試合が見られそうだ、と思っていた矢先のことだったから……。トップ下気味な位置にいたピレスが下がり第2GKがピッチに立った。これはまた同時に、ほぼベルカンプの出番がなくなった瞬間でもあった。

 そこからアーセナルは防戦一方、とは言ってもバルセロナは、ボール回しばかりでなかなか埒の明かない時間がつづく。しかし転機は37分、サイドからのセットプレイだった。アンリの蹴った球にキャンベルの巨体が浮く。なんとひとり少ないアーセナルが先制!これで俄然目が冴えてきた。

 後半に入ってもアーセナルは防戦がつづくが時々カウンターで、バルサ守備陣を冷や冷やさせる。やはりアンリはすごいな。バルセロナに流れが一気に向いてきたのは、ラーション登場後。エトーの同点弾はラーションのコースを変えるソフトタッチのパスから。決勝点となるベレッチのゴールもラーションのアシスト。献身的なラーションの動きはいつ見ても気持ちいい。スウェーデンに帰ってしまうのが残念でならない。

 結局試合はバルサの勝ち。ある意味順当?な勝利。10人のアーセナルもよく頑張ったとは思うが、昨シーズンのようなサプライズは無かった。レーマン退場がすべてだったと思う。バルサとロナウジーニョの実力を考えればリーガとCL獲得は当然?なのかも……。

 そうして、ロナウジーニョのワールドカップが間も無く始まろうとしている。こっちも堅いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/05/17

出産ラッシュ

 先日、久しぶりに友人が帰国した。その友人はタイの病院に勤めている日本人。日本で看護師の資格を持っているが、向こうでは病院での通訳などをやっているという。その友人は、ボクが20歳くらいの頃、いっしょに芝居をやっていた古い仲間だ。友人の帰国をきっかけに昔の仲間に声をかけ、数年ぶりに集まった。

 昔から拠点だった吉祥寺。昔からの仲間って、上下関係とか、社会的地位とか、面倒くさいことが一切関係なくて良い。今の飲み仲間との付き合いのような気安さがある。

 昔話に花が咲く、と言う訳ではなくて数年ぶりの近況報告会のようなもの。以前から気になっていたカップルがこっそり結婚していたり、別の夫婦には子どもが産まれたり……。

 そうそう驚いたのがみんなの子どもの数。春先、別の友人(もちろん芝居仲間)に2人目の子どもが産まれたのは聞いていた。あいつも2児の母か〜と信じられない思いだった……。しかしそれどころではないのが、ボクと同じ年齢の人たち。ひとり(男性)は先日、4人目の子どもが産まれたそうだ。一番上だってまだ小学校の中学年じゃない?なぜかボクと同世代の女性陣は結婚が早かった。3人が結婚して子どもを産んでいるが、どこの家庭も3人以上(たぶん)いたはずだ。そのうちのひとりの家では先ごろ双子が産まれたらしい、、、ってことは5人目!

 少子化って言葉も彼らには関係ないみたい。ボクの回りはみんな多産系(笑)、そのうち自分の家族だけで劇団を作るんじゃなかろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/16

フットサルチームを作ろう(5)

 ようやく第1回目の練習日が決まった。
5月末の土曜日に予定している。
まだ人数もなにも決まっていないので、実際のところはどうなるかわかならい。
とりあえずは集まれる人間だけ集まってみよう、という趣旨だから、良いか!
なんだか結局、高校時代のサッカー部つながりとかそういう辺りで決着しそうな勢い。
会社関係者はどのくらい出席するのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/15

オランダ代表確定

14日、ファンバステン監督はオランダ代表を発表した。

残念ながらフンテラールは外れてしまった。まだ若いし、オーストリア&スイス(EURO2008)、南アフリカ(W杯2010)があるさ!U-21欧州選手権に出るらしい。マルコ曰く「不運」。後、ボクのお気に入りではナイジェル・デ・ヨングも代表から漏れた。それと大ベテランのエドガー・ダービッツも……。一方スネイデル、バベル、ヘイティンガら、アヤックス勢は選出された。

今から楽しみで仕方ない。

という訳(?)で、今日からこのブログには、レッズのロゴマークに代わり、W杯終了までKNVBのロゴを入れます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

FAカップ決勝 PK戦

ウェストハムサイドのゴールを使うみたい……。

1人目
先攻レッズ
ハマン:決めた!○
1-0

後攻ハマーズ
ザモラ:ペペ止めた!!!!!!●
1-0

2人目
先攻レッズ
ヒービア:止められた、、、●
1-0

後攻ハマーズ
シェリンガム:○
1-1

3人目
先攻レッズ
ジェラード:オシ!○
2-1

後攻ハマーズ
コンチェスキー:ペペーーーーー!!また止めた●
2-1

4人目
先攻レッズ
リーセ:決めた!○
3-1

後攻ハマーズ
アントン(ファーディナント):止めた!!!●

カーディフの奇跡。。。。
勝った!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAカップ決勝 延長

前半7分、レッズのCK。クリア。リーセがロングシュート惜しい!

8分、イスラエル代表、ハマーズのベナユン、すごいフィジカルが強そう。

9分、またもレッズのCK。シセ惜しい。攣ってる。脚。

13分、良い位置で反則を受けた。

14分、FKのこぼれ球を、ヒーピアがドリブルしてシュート。惜しい。

延長前半終了。

後半スタート、開始早々クロンカンプがシュート。惜しい。気になってるんだが、アナウンサーも解説も「クロンカンプはDF」とばかり言ってるけど、オランダ人サイドバックはほとんどウイングだよ〜。

19分、ハマーズのCK。キーパーチャージ。ふ〜。

21分、みんな足が攣っている・・・。試合が止まった。

22分、ハマーズのヘアウッドが負傷退場。

25分、おーいゴール前のFK。やばい。お、ヘアウッド戻った。壁にあたってカウンター

26分、カウンター。シッソコ頑張ったが、モリエンテスが……。

29分、ハマン反則。黄!
FKからレオコーカーのバックヘッド、ゴールへ????ペペが弾き、ポスト、、、こぼれ球はヘアウッドへ。彼の痛んだ足ではゴールできない。危なかった。

延長ロスタイム1分。

そして、、、PK戦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAカップ決勝 ジェラード再び奇跡を

72分、パーデュー監督、トラップ(笑)

76分、ベニテス監督、トラップ(笑)、、、、リーセ、ミドル。宇宙開発。。。最近そういわなくなったね〜。

81分、モリエンテスヘッド!ダメ。

84分、ペペ転ぶ。危ない。

85分、シェリンガムおじさん登場!!!40歳だよ。

87分、おじさん、ハンド。ラストチャンス?ジェラード直接。残念。

90分、ロスタイムは4分。
ジェラード直接ロングシュートを決めた。すごい!奇跡だ!3-3。

ロスタイムにゴール前でウェストハムにFK。やばい。コンチェスキーのシュートをペペが止めた。

3-3。同点で90分を終える。延長へ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAカップ決勝 ジェラード最高!

46分、ああああ、あぶない。いきなりサイドをえぐられ大ピンチ。ペペが何とか止めた。

47分、シャビアロンソのシュート。次いでレッズにCK。残念。

48分、キューエルが交代。モリエンテスだ!!!

54分、リーセのドリブルを引っかけFK。早いリスタート。ジェラード→シャビアロンソ→クラウチ→ジェラード!で弾丸シュート!ゴール!!!2-2だ。

64分、コンチェスキー、カーブのかかったクロスがそのまますごいゴール。2-3(泣)。

67分、シャビアロンソ交代。クロンカンプ出てきた!オ、ラ、ン、ダ代表。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

FAカップ決勝!シセが決めた

31分、FKからチャンス。クラウチが決めたかに見えたが、オフサイド。

32分、フィナンからジェラードに流し、ジェラードがクロス。シセがダイレクトボレー!!!!
すごいシュートだ。
ゴール!これで1-2だ。

37分、2点目を挙げたウェストハムのアシュトンのシュート。危ない。

40分、レッズのCK。ショートコーナーでジェラードがシュート。惜しい。

45分、シャビアロンソのロングボールをシセが受け、ロングシュート。惜しい(笑)。

前半終了
アシュトン、レオコーカー、アントン、コンチェスキー、、、、良い選手だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAカップ決勝!

125回目のFAカップ決勝。
レッズはルイス・ガルシア以外はフルメンバー。もしかしたらこれが最後かも知れないシセが先発。
ウェストハムはマリンズがいない。

キックオフ!

ちょっと芝が滑りやすいみたい?

12分。ウェストハムのCK。あぶね〜。
「23歳とは思えないペペ」と、アナウンサー。それ髪の毛のこと?

直後、レッズにゴール正面のFK。
リーセ!壁にあたった。

21分、キャラガー、自殺点。今季、ミスらしいミスの無かった彼が……。

28分、さらに失点。おいおーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユベントス

こんなニュース見たくない。

別にユーベのファンではないが、こういうニュースは見たくない。しかも間も無く優勝が決まるって言う2チームが絡んでの話だ。

さらにW杯も控えてるって言うのに。これが尾を引くようだと、アズーリは厳しいかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば第5次販売

そういえばW杯の第5次販売があった。
7月1日の準々決勝のチケットも売りに出ている。
ほとんど余ってないみたいで、なかなかとれない。さっきからずっとアクセスしているんだけどなんだか無理っぽい(笑)。これがとれたら堂々と2泊4日にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながらチケット到着

先程、遅ればせながらW杯のチケットが到着した。
実は5月4日に不在通知が入っていたのだが……。ほったらかしだったのだけど。
改めてホントに行くんだなーと実感。

でも実を言うとまだ何の準備もしてない。とりあえずベルリンの宿は友人宅を確保(、、、できたんだろうか?)。何とかなるだろう。かつてパリで野宿した経験が有るので、余り心配してない。

問題はエアだが、1泊3日の弾丸旅行ではチケットが結構高い。南回りやロシア回りも考慮しているが、どうなることやら。そろそろまじめに考えないと……。せめて2泊4日にするか。

ひとつ気になったのは往復の飛行機に乗っているほぼ丸一日の時間のあいだ、サッカーが観られないこと。30日前後は準々決勝の面白そうな試合がめじろ押しなだけにちょっと悔しい。上手くその時間もはぜると良いのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/12

フットサルチームを作ろう(4)

ええっと。このネタ。
前の更新が2月24日だから2ヶ月半ぶりの更新である。
その間、何をしていたか?な〜んにもしてません!
今日は何の報告か?またまたアイドルのフットサル大会を見てきました。
今度は駒沢ではなく代々木。

カレッツァさんのご招待だったので、センターのなかなか良い席。しかし周囲にはアイドルオタクとおぼしき皆さまが……。およそみんなフットサルには興味なさそうだ(笑)。

この日はひとつ大きな失敗した。それは着ていた服。オランダ代表のオレンジのTシャツを着ていってしまった。カレッツァの宿敵、ガッタス(ハロプロのチーム)のチームカラーはオレンジ。だから会場はまるでオランダファンの集まりかのようにオレンジに染まっている。こ、これではまるでボクはガッタスファンじゃないか……この人たちと同じは嫌だ(笑)。

結果はTeam DREAMの優勝。カレッツァはまさかの1回戦敗退だったが、下部グループとの入れ換え戦には勝った。1試合目、敗けた試合はとにかくチグハグで酷かった。中心選手の小島くるみは明らかにボールを持ちすぎ、周りが見えてなかった。先日いっしょにお仕事をさせていただいた長身の井本操も今一つ切れが悪い。しかし2試合目、入れ換え戦では、井本のパスが相当に小島へと通っていた。全然、動きも切れも違っていた。それにしても小島くるみのドリブルは結構上手だったのが印象的。スピードは無いが確実にキープする。ボールの上をまたぐようなフェイントを小刻みに加えてのドリブルだから、なおのことスピードアップしたら面白いと思うけど。

前回も書いたけれどやはりDREAMの宇津木めぐみは別次元の選手だ。ボクは1試合しか見なかったが、サッカーを観る感覚で面白いと思えるのは、正直彼女のプレイだけだ。ボクが見た試合は2-0で勝ったが、1得点目はトップの選手が完全にフリーになる縦へのスルーパスを決めた。混戦の中で周りが見えている。2得点目は自ら少し後ろから弾丸シュート。1ゴール1アシストだ。でも確実に宇津木以外の周りの選手もレベルアップしている。だから優勝するんだろうけれど。

入れ換え戦が終わったところで代々木を後にした。体育館を出てまず電話をかけた。

「フットサル、いつやりましょうか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

80年代全盛のオランダ代表

 ちょっと前にオランダ代表のW杯直前合宿のメンバー招集があった。またまたUEFA.comからコピペ。なお最終の23名ではなく、34名の選考メンバー。

オランダ代表合宿招集メンバー
GK: マールテン・ステケレンブルフ(AFCアヤックス)、ヘンク・ティンマー(AZアルクマール)
DF: ティム・デ・クレル(AZアルクマール)、ヨン・ヘイティンガ(AFCアヤックス)、キュー・ヤリエンス(AZアルクマール)、ヨリス・マシセン(AZアルクマール)、アンドレ・オーイエル(PSVアイントホーフェン)、バリー・オプダム(AZアルクマール)
MF: フィリップ・コクー(PSVアイントホーフェン)、デニー・ランザート(AZアルクマール)、ベスレイ・スネイデル(AFCアヤックス)
FW: ライアン・バベル(AFCアヤックス)、ロメオ・カステレン(フェイエノールト)、クラース・ヤン・フンテラール(AFCアヤックス)、ディルク・カイト(フェイエノールト)、アリエン・ロッベン(チェルシーFC)、ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク(PSVアイントホーフェン)

この他に合宿を免除された代表メンバーがかなりいる。
エドウィン・ファン・デル・サール(マンチェスター・ユナイテッドFC)、ルート・ファン・ニステルローイ(マンチェスター・ユナイテッドFC)、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト(FCバルセロナ)、マルク・ファン・ボメル(FCバルセロナ)、カリッド・ボウラロウズ(ハンブルガーSV)、ヤン・クロンカンプ(リバプールFC)、ジョージ・ボアテング(ミドルスブラFC)、ロビン・ファン・ペルシ(アーセナルFC)、ナイジェル・デ・ヨング(ハンブルガーSV)、ラファエル・ファン・デル・ファールト(ハンブルガーSV)、ヘドビヘス・マドゥロ(AFCアヤックス)、パトリック・ロデバイクス(フェイエノールト)、ロン・フラール(フェイエノールト)、エドガー・ダービッツ(トッテナム・ホットスパーFC)、ビルフレト・ボウマ(アストン・ビラ FC)、ウルビー・エマヌエルソン(AFCアヤックス)、マルティン・メールディンク(AZアルクマール)

GKではアヤックスの若き守護神ステケレンブルフ('82生)が好きな選手だ。ファン・デル・サール('70)が一番手だから出番はほとんどないだろうけど。ファン・デル・サールは宿敵マンユーに在籍しているから今一好きになれない(笑)。

DFでは大好きなヘイティンガ('83)(ポカは多い?)が代表に復帰した。合宿免除組にはレッズのヤン・クロンカンプ('80)、HSVへ移籍したナイジェル・デ・ヨング('84)もいる。右のDFはクロンカンプがレギュラーかな?デ・ヨングも出て欲しいんだけど、彼の場合ウィングもありか?いずれにしてもみんな若い。80年代生まれ。30歳以上となると左のジオ(ファン・ブロンクホルスト '75)とか、真ん中のオプダム('76)とか。

MFではやはりコクー('70)。去年のCL準決勝PSV対ACミラン戦でのファイティングスピリットは忘れられない。オランダの中では比較的年齢層が高いポジション。コクー、ダービッツ('73)は30代。後、ランザート('76)が6月5日に30歳になる。それ以外はめちゃくちゃ若い。大好きなスネイデル('84)、マドゥロ('85)、ファン・デル・ファールト('83)などなど。セードルフは……いない。

FWはやはりファン・ニステルローイ('76)とロッベン('84)は外せないか……。ロイ・マカーイは漏れたのね、やっぱり。期待はアヤックスのゴールゲッターのフンテラール('83)、そしてそしてライアン・バベル。彼に至っては'86年12月19日生まれ。19歳。

とにかく若い。監督も若いけど、選手もすごく若いのが今回のオランダの特徴。これって優勝できないってこと?(笑・できると思っているのはボクだけ?)。ファンバステンはEURO2008の戴冠を狙ってチーム造りをしてるのかな?と思ってしまう。

と、思ってひとつ気づいたことがある。あまり意識してなかったんだけど、ボクって案外、アヤックスのファンなのかも。ステケレンブルフ、ヘイティンガ、スネイデル、マドゥロ、フンテラール、バベル、好きな選手はみんなアヤックス。加えてデ・ヨング、ファン・デル・ファールトのHSVコンビもアヤックス出身だ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/10

ウォルコットにびっくり

 先日、イングランド代表メンバーが発表された。

以下はUEFA.comからのコピペ。

GK: ポール・ロビンソン(トッテナム・ホットスパーFC)、デイビッド・ジェームズ(マンチェスター・シティーFC)、ロバート・グリーン(ノーリッジ・シティーFC)

ふつうに考えれば、おそらく妥当な線だとは思う。補欠に入っている若いスコット・カーソンを入れてよ、とも思うがGKは経験が大事。レッズでほとんど出番のないカーソンに入る余地は無いか。レッズからレンタルで外に出てるカークランドはどこへいったんだろう?

DF: ガリー・ネビル(マンチェスター・ユナイテッドFC)、ソル・キャンベル(アーセナルFC)、リオ・ファーディナンド(マンチェスター・ユナイテッドFC)、ジョン・テリー(チェルシーFC)、ジェイミー・キャラガー(リバプールFC)、アシュリー・コール(アーセナルFC)、ウェイン・ブリッジ(チェルシーFC)

ソル・キャンベルってどう?今季はダメダメでしょう。ならばアントン(リオの弟)とか、それよりもキングが入ってないなんて。キングなら守備的MFもできるんだから使い勝手はよいだろうに。頑張れキャラガー!先発CBを勝ち取れ!

MF: デイビッド・ベッカム(レアル・マドリーCF)、スティーブン・ジェラード(リバプールFC)、フランク・ランパード(チェルシーFC)、オーウェン・ハーグリーブス(FCバイエルン・ミュンヘン)、 ジャーメイン・ジェナス(トッテナム・ホットスパーFC)、マイケル・キャリック(トッテナム・ホットスパーFC)、ジョー・コール(チェルシーFC)、スチュアート・ダウニング(ミドルスブラFC)、アーロン・レノン(トッテナム・ホットスパーFC)

補欠には入ったけれどレオ・コッカーが見たかった。でもすごいメンバーだね〜、イングランドの中盤は。

FW: ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッドFC)、マイケル・オーウェン(ニューカッスル・ユナイテッドFC)、ピーター・クラウチ(リバプールFC)、テオ・ウォルコット(アーセナルFC)

ウォルコットが選ばれるなんて。だってプレミアでまだ出てないんじゃない?足の早さで選んだらしいけれど、それならショーン・ライト=フィリップスでもいいじゃない?オーウェンとルーニーのケガ次第(ふたりとも骨折中)では、クラウチが主力FWになっちゃうよ!まさか、クラウチをワントップでポストに使い、彼の落とした弾をシャドーストライカーのMF陣がドカンと打つなんて戦術じゃないと思うけど……。

補欠: スコット・カーソン(リバプールFC)、ルーク・ヤング(チャールトン・アスレチックFC)、ナイジェル・レオ・コッカー(ウェストハム・ユナイテッドFC)、ジャーメイン・デフォー(トッテナム・ホットスパーFC)、アンディ・ジョンソン(クリスタル・パレスFC)

せめてデフォーを入れて欲しい〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

20年

 私が多摩センターに住んでいたのは中学1年の時から大学の2年だったか、3年だったかまで。約7〜8年だったと思う。引っ越した当時はモノレールも無く、京王線も多摩センターが終点で橋本まで繋がる前。その駅前にはそごう(今は三越)も無ければ、京プラも無い、パルテノン多摩と名付けられるホールやその周りの公園も無くただの空き地だった。駅前から当時の自宅までは歩いて15分ほど。途中は雉が歩いているようなのどかな場所だった。

 先日、久々に多摩センターを訪れた。多摩センターの駅の周りは、子ども連れでワンニャンランドに行ったり、ピューロランドに行ったりで、その様変わりのほどはよく知っていた。その日は子どもはワンニャンランドにおいて、ひとりでちょっとだけ足を伸ばしてみた。昔住んでいた家の辺りまで。

 宝野公園という自宅のすぐ脇にあったグランドに近づく。このグランド、昔は芝生だったはずだけど、クレーのグランドに変身していた。そこからさらに歩いて、しばらく前に廃校になった中学校に向かった。学校自体はさほど古びた感じはしなかったけれども、ところどころ錆が目立っていた。そういえばちょっと前の朝日新聞に、明らかにこの中学校の卒業生だと分かる投稿があった。この学校にそれほど愛着は無かったけれども、無くなってしまったのは確かに寂しい。ボクはこの学校ができた時に1年生で入学した世代。丸々3年間通った最初の世代だ。当初顧問の先生がいなくて無かったサッカー部を、美術の先生に無理にお願いして作ったのが懐かしい。もっとも訳の分からないルールが多くてどちらかといえば中学校は嫌いだった。

 かつての家の方に歩いて戻り、周囲をぐるりと歩きながら思った。何でこんなに整然と作ってしまったのだろう?と。まったく人間味がないというか隙が無いというか……。それはまるでファンタジー。まったく現実感の無い不思議な時間だった。中でも特に私の住んでいた辺りはとても整然と木々を並べてある一画で、まるでSFアニメーションの中を歩いているかのようだった。中学生当時のツツジは腰〜膝くらいの高さだったけれど、今では肩〜胸くらいの高さにある。生い茂った木々の深さが20年弱の月日を如実に物語っていた。

廃校
060505_13410001


ツツジ
060505_13470001


宝野公園
060505_13390002


整然と
060505_13490001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

無線LAN開通

 AirMac Extremeを買ったのはもう思い出せないくらい昔の話。前の前のパワーブック時代は結構、無線LANは使っていたが、さっきようやくセッティングした、、、ら、簡単にできた!! ハゲシク快適。

 ベースステーションを書斎(?というより物置き)に置いたところ、居間でも、寝室でもネットワークが拾える。ちなみに風呂場でも。唯一、子ども部屋での入りが悪いが、アンテナが一本足りない程度でまったく使えない訳ではない。子どもが将来使う時になったら、ベースステーションの位置を変えれば良いか・・・。

 でもこれって、お隣や上下の家でも充分に拾えるんだろうな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

うまい!

こちらの写真をまずは見てください。

060429_18080001

これ、ワインを美味くする「注ぎ口」。オークションで4〜5千円するらしいけれど、これを通して注ぐとワインが抜群に美味くなる。

先日、知人宅でホームパーティをやった時に、これを通したワインと通さなかったワインとをの見比べたら、余りの違いに愕然。全然違うのだ。これを使って注いだワインは実にまろやかで飲みやすくなる。これにはホントに驚いた。今度わが家にもひとつ、買おう、と思って外箱の写真を撮らせてもらいました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »