« 20年 | トップページ | 80年代全盛のオランダ代表 »

2006/05/10

ウォルコットにびっくり

 先日、イングランド代表メンバーが発表された。

以下はUEFA.comからのコピペ。

GK: ポール・ロビンソン(トッテナム・ホットスパーFC)、デイビッド・ジェームズ(マンチェスター・シティーFC)、ロバート・グリーン(ノーリッジ・シティーFC)

ふつうに考えれば、おそらく妥当な線だとは思う。補欠に入っている若いスコット・カーソンを入れてよ、とも思うがGKは経験が大事。レッズでほとんど出番のないカーソンに入る余地は無いか。レッズからレンタルで外に出てるカークランドはどこへいったんだろう?

DF: ガリー・ネビル(マンチェスター・ユナイテッドFC)、ソル・キャンベル(アーセナルFC)、リオ・ファーディナンド(マンチェスター・ユナイテッドFC)、ジョン・テリー(チェルシーFC)、ジェイミー・キャラガー(リバプールFC)、アシュリー・コール(アーセナルFC)、ウェイン・ブリッジ(チェルシーFC)

ソル・キャンベルってどう?今季はダメダメでしょう。ならばアントン(リオの弟)とか、それよりもキングが入ってないなんて。キングなら守備的MFもできるんだから使い勝手はよいだろうに。頑張れキャラガー!先発CBを勝ち取れ!

MF: デイビッド・ベッカム(レアル・マドリーCF)、スティーブン・ジェラード(リバプールFC)、フランク・ランパード(チェルシーFC)、オーウェン・ハーグリーブス(FCバイエルン・ミュンヘン)、 ジャーメイン・ジェナス(トッテナム・ホットスパーFC)、マイケル・キャリック(トッテナム・ホットスパーFC)、ジョー・コール(チェルシーFC)、スチュアート・ダウニング(ミドルスブラFC)、アーロン・レノン(トッテナム・ホットスパーFC)

補欠には入ったけれどレオ・コッカーが見たかった。でもすごいメンバーだね〜、イングランドの中盤は。

FW: ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッドFC)、マイケル・オーウェン(ニューカッスル・ユナイテッドFC)、ピーター・クラウチ(リバプールFC)、テオ・ウォルコット(アーセナルFC)

ウォルコットが選ばれるなんて。だってプレミアでまだ出てないんじゃない?足の早さで選んだらしいけれど、それならショーン・ライト=フィリップスでもいいじゃない?オーウェンとルーニーのケガ次第(ふたりとも骨折中)では、クラウチが主力FWになっちゃうよ!まさか、クラウチをワントップでポストに使い、彼の落とした弾をシャドーストライカーのMF陣がドカンと打つなんて戦術じゃないと思うけど……。

補欠: スコット・カーソン(リバプールFC)、ルーク・ヤング(チャールトン・アスレチックFC)、ナイジェル・レオ・コッカー(ウェストハム・ユナイテッドFC)、ジャーメイン・デフォー(トッテナム・ホットスパーFC)、アンディ・ジョンソン(クリスタル・パレスFC)

せめてデフォーを入れて欲しい〜。

|

« 20年 | トップページ | 80年代全盛のオランダ代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/10011325

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルコットにびっくり:

« 20年 | トップページ | 80年代全盛のオランダ代表 »