« 決勝トーナメントへ | トップページ | ラッシュに続け! »

2006/06/18

最悪の試合

 E組も2試合目となった。ガーナ対チェコの試合はまさかの0-2でのチェコの敗戦だったが、ガーナ強しを印象づける試合だった。最終戦、ガーナの相手はアメリカ、ということを考えると、アフリカ勢では(もしかしたら)唯一となるかもしれない、ベスト16進出チームはガーナになるかも知れない。アッピアーってインテルにいた頃しか知らないが、良い選手だ。

 アメリカ対イタリアの試合。これ、今回の大会でワーストの試合(今のところ)。セリエAの疑惑はおそらくW杯後に明らかになるんだろうけれど、どうも最近のイタリアに良いイメージは無かった。救いはローマ、インテルあたりが関わっていないことくらい?でもローマの王子様は相変わらずだし。この試合でも、妙な位置でのタックルでイエローをもらっていた。早々にガットゥーゾと交代したのもその辺があるんだろう。でもガットゥーゾが出てきた理由は同じくローマの主力をになうデロッシ。若い好きな選手なんだけど、ひじ鉄一発、レッド。オオバカ!相手選手は血まみれになってたし。下手すれば数試合出場停止になってもおかしくない。あのプレイはひど過ぎる。

 さらに輪をかけてアメリカチームも酷かった。デロッシ退場で優位に立ったはずが、2枚のレッドカードで、数的優位が逆転された。残る選手はどちらも良くやってたけど、赤紙3枚はお粗末な試合だ。あれだけ出す審判もどうかと思ったけど、リプレイを見る限りイエロー、ないしはレッドは致し方ないだろう。その分、酷いプレイだったってこと。ユーベの疑惑(反則数の割にイエローやレッドが極端に少ない)もなんだか首肯けてしまう国際試合だった・・・。

|

« 決勝トーナメントへ | トップページ | ラッシュに続け! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/10581249

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の試合:

« 決勝トーナメントへ | トップページ | ラッシュに続け! »