« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の記事

2006/09/19

アヴァンギャルドって何よ!?

本日、某時計メーカー(のPR代理店)から新製品発表会の「ご案内」が来た。

ま、外国のメーカーさんだから、発表会と言ってもただのそれではない。レセプション付の派手なやつ(だと思う)。有名な方々も参列されるみたい。場所も六本木ヒルズの上の方だし・・・・・そういえば上の方って行ったことないな(笑)。

招待状がまた凄い。アルミのプレートみたいな代物。カッコイイ・・・。
でもこれ、ポケットに入らないからって折れない(笑)

ん?、、、、オー!!!ドレスコードがある。

Dress Code : Avant-Garde

・・・・・・(笑)。

さらに案内状には日本語で

「アヴァンギャルドな装いでお越しください」

・・・・・・・・・(笑)。

【avant-garde】とは

軍隊用語で前衛部隊の意。(へ〜、そうなんだ。ちなみにフランス語。)
(1)第一次大戦前後にヨーロッパに起こった芸術上の革新運動。主に抽象主義とシュールレアリスムをさす。前衛派。
(2)特定の流派に限らず,表現・手法・芸術観の急激な変革を求める芸術精神。前衛芸術。
(3)革新的な芸術活動を行う人。前衛。

そうか、アヴァンギャルドな装いか、、、前衛的ね。。。。
ちなみに私が思いついたのは、黒い網タイツにボディペインティング。ロングコートを羽織って秋の六本木を闊歩する。で、会場でバッとコートを開き・・・・・・前衛的と言うより変態的(笑)

スミマセン!誰かアヴァンギャルドな装いを教えてください!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/18

レッズまたも「青」に敗ける

 まーたーも、「青」に敗けた。しかも前回敗けた「青」(エバートン)よりも、今後を考えると非常に性質の悪い「青」(チェルシー)。

 17日にあったプレミア。スタンフォードブリッジで行われたアウェイの一戦は0-1でレッズがチェルシーに敗れる。

 レッズは4試合終了。それで勝ち点差がすでに8ポイント。確かチェルシーの消化試合数の方が、レッズよりもひとつ多いはずだけれど、そういう次元の話じゃない。レッズの今季はアウレリオ、カイト、ベラミー、ペナントと相当な補強をしたはずでは?

 「優勝を狙える」「優勝を争う」なんて戦前は言われていたが、まったくこれでは夢のよう。ユナイテッドは調子良いし、チェルシーもまずまず、とあってはチャンピオンズリーグ圏内も怪しくなるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

神撃というキャッチはなかなか良い

 たまには、タイガースの話。

 じつは私は子どものころからトラキチ。父親がG党だったせいか、天の邪鬼くんはすっかりアンチG、、、とうぜん当時は田淵や掛布というスターがいたんで比較的スムーズに溶け込んでいった。

 86年の優勝時は本当に感動した。最近はとっても強くて以前のような優勝に対する新鮮味は薄れている。でもやっぱり嬉しい。

 今季はもうだめかな?というくらい中日が独走している。しかし最近の追い込みはじつに楽しい。久々にわくわくする。

 今日のスポーツ紙、デイリーだと思うけど、のトップは矢野だった。その脇に「神撃」だか「快神撃」だかの文字が。いずれにしてもこの「神撃」ってなんか良い。これでもしもドラゴンズを追い越したら本当に「神」……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

マージーサイド

 今季初のマージサイドダービー。敵地グディソン・パークに臨んで行われたレッズ(リバプール)の第3節。

 ……あろうことか、エバートンに3発も喰らい。。。。なーにをやっとるんだ!0-3で敗戦。

 これでレッズは1勝1敗1分け・勝ち点4。こんなんじゃ〜「青」(チェルシー)は追えないぞ。
 一方調子がいいのは同じ「赤」でもレッドデビルズ(まんゆ〜)。開幕4連勝か〜。うらやましー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

火を吹く?iBook

 ちょっと前のニュースで、Sony製のバッテリーを搭載したアップルのノートパソコンが火を吹くっていうのをやってた。最初はMacBookになってからの話かと思っていたら、結構前の機種からそのバッテリーを採用していたようだ。

 それってボクのiBookもそうじゃない?
 で、昨日アップルからようやくにして案内が……。

https://support.apple.com/ibook_powerbook/batteryexchange/?lang=ja

 ほぼ私は365日、24時間、iBook付けっぱなし。それを今更なに?もうすでに火を吹いててもおかしくないんじゃない(笑)。

 ここに書いてある内容で酷いのが、

ご注意:回収対象のバッテリーを iBook または PowerBook から取り外しましたら、交換用のバッテリーが届くまではコンピュータを電源アダプタにつないでお使いください。

 んな、こと言ったって、それがないところで使えるのがノートパソコンの良いところでしょ!しかも急な電源落ちでも大丈夫ってのがバッテリー駆動のメリット。ま、それは仕方ないにしても、バッテリーはいつ届くの?

Q&Aには

交換用バッテリーはいつごろ届きますか?

交換用バッテリーは約 4 〜 6 週でお手元に届きます。ただし、お使いのバッテリーモデルの在庫状況により、日数がかかる場合もありますのであらかじめご了承ください。

 って1ヶ月以上もバッテリー無しでは仕事にならん!仕方がないのでほとんどの人が付けっぱなしで使うんだろうな。そうして万一火が吹いたら、警告したはずだってアップルは逃げるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

Pandora.com

 先日、某メルマガで紹介されていた音楽配信サイトPandora.com

 これ、すごい。
 早速私ものぞいてみたが……。このシステムが面白い。好きな曲やアーティスト名を入力して検索を掛ける。それに合わせて、そのアーティストの曲、似たような曲、ジャンルの同じ曲などが流れる仕組み。

 まさにインターネット時代のラジオ局だ。自分の好みの音楽が面白いくらいに掛かる。

 試しに、昔は立派な?ハードロッカーだった私はLed Zeppelinと入力してみた(笑)すると、Led Zeppelin Radioなる項目が……。さっそくセレクトして視聴してみると。

 Zeppelinのアルバム"In through the out door"に入ってる曲が流れた。たしかこのアルバム、レコード時代の紙ジャケはわら半紙みたいな外観で水で濡らすと写真が現れる変わったジャケットだったはず。その後、1曲置いて流れたのが驚いたことにBlack Sabbath。かつて、これにも結構はまってました。うーん懐かしい。

 ちなみにさっきまではZeppelinの"The battle of evermore"(Led Zeppelin IV所収)なんて渋いアコースティックの曲が流れていましたが、今はVan Halenの"You really got me"が流れ……って書いてたら、次の曲、Bostonの"More than a feeling"だ。な〜んかZeppelinの各曲を中心にロックの名曲を流してくれる素晴らしいチャンネル。

 オススメ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

試写会

 W杯が終わって以来、ブログを書くことのモティべーションがまったく起こらず、ほったらかし。なんとま〜、2カ月近いブランクだ。このかん友人のKからはまだ更新しないの?と何度か言われたが……。ごめんなさい。なにせ夏は忙し過ぎた。7月21日から8月20日までの出勤簿が総務から報告されたが、自分の出勤日数を見て愕然。27日出勤って……、業務日数18日じゃん……。どうせ代休も有給休暇も取れないし。

 さてその間、サッカーはチャンピオンズリーグも、プレミアもスタート。我がレッズはまずまずの出だし。スカッドを見る限り結構行けるんではないか、と期待させてくれている。ベラミ、ペナントという理想の補強ができて満足していたが、前線の最後のワンピースとも言うべきディルク・カイト加入は大きい。後はセンターバック、ヒーピアのバックアップだが、とりあえずはアッゲルで良いんじゃない?彼の今後の成長には期待大。レッズは今季のプレミアで優勝できなくても優勝争いはして欲しい、と思う。

 もうひとつ、サッカーネタでびっくりしたのはスペイン。ホアキンが最後の最後でベティスを離れバレンシアに行ってしまった。それよりもすごいのがサラゴサ。バレンシアからアイマールを獲得したのみならず、ダレッサンドロまで獲得。サラゴサのアルゼンチン軍団は非常に面白そう。ぜひともリケルメ率いるビジャレアルとの試合は観てみたい。それから以前から注目していたアンデルレヒトのバンサン・コンパニがハンブルガーへ移籍。レッズのセンターバックに、と期待していたんだが……。ま、ドイツでも頑張ってね。

 ウェイクボードは相変わらず膝の具合が悪くできない。友人のKはもう滑っているらしい……。しかしお台場の大会は見に行った。エスベンドがバンバン決まっていてカッコよかった。

 んでようやく本題。昨日は久々に家族サービス。ディズニーのこの冬の新作「ライアンを探せ!」を娘と一緒に見てきた。珍しい親子試写会だった。小1の娘も大喜び&大笑いするような映画だ。夏に唯一、家族サービスした「ポケモン」よりははるかに面白かった。「ポケモン」でボクは爆睡してたし。難しい話は抜きにして笑える映画だった。ただ相変わらずのディズニー映画、、、なんか中途半端。単に子どもと一緒に笑える、というだけで、それ以上は無い。もっとも子どもと一緒に笑えるというのが一番の幸福かも知れないけれど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »