« 良いお手本 | トップページ | ベティス監督交代 »

2006/12/22

松葉杖教室

松葉杖をつかって(今はもう使ってませんが)思うのは、松葉杖に対する理解の少なさ。
松葉杖と言うのは見かけよりも幅を取る。
だいたい身体の2倍くらいも幅を取る。
だから狭い道(だいたい日本の歩道は狭過ぎる)を松葉杖の人が歩いている時は、
もっと周りも気を遣って欲しいと思うのだ。

事務所のある銀座まで来るまでにどれだけ苦労するか、これはたぶん体験してみないと分からない。
でもケガをしていなくたって松葉杖は使える。
だから小学校とかで松葉杖体験教室をやったら良いと思う。
早くから松葉杖を体験すれば、どれだけ大変かが分かると言うもの。
もう少し周囲に優しくなれるんじゃないだろうか?

同様の「教室」は車椅子体験だったり、妊婦体験(重しをお腹周りに巻く)だったり、
そういうのも義務教育の頃から体験してみると大人になってからの対応が違うと思う。

そうすれば電車にあえてシルバーシートを作らなくても、自然に人に譲る社会、文化が生まれるように思うんだけど。

|

« 良いお手本 | トップページ | ベティス監督交代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/13159872

この記事へのトラックバック一覧です: 松葉杖教室:

« 良いお手本 | トップページ | ベティス監督交代 »