« アイラでもゲーリック? | トップページ | 松葉杖教室 »

2006/12/21

良いお手本

年末進行のため、更新が遅れました(笑)。

今年もトヨタカップ(クラブワールドカップ)が終わった。
でもやっぱり、この形式の大会はいらないなーと思う。
特にヨーロッパのチームには日程的に酷過ぎる。

2年前までの1発勝負で良いと思うんだけど。結局のところ、この2年間、南米対欧州っていう2強の構造は変わっていない訳で……。

今回はバルサっていうスーパースター軍団が来たせいもあって結構観客が入ったみたい。
アジア代表も韓国のチームだから入場者者多かったんだろう。
あと、北中米のチーム「アメリカ」がビッグネーム(クラウディオ・ロペスとブランコ)を抱えていたのも大きいのだろう。

去年はレッズの試合、ガラガラだったからね〜。

ところで、レッズだが、CLの決勝ラウンド1回戦はこのバルサと当たることになった。
今回の組み合わせは、グループリーグで2位になった強豪が多かったんで、
嫌な予感はしてたんだけど。やっぱり凄い強豪とぶつかっちまった。
今回のレッズはグループリーグを余裕の1位通過だったからなー。

第1レグはアウェイのカンプノウ。第2レグでアンフィールドだ。
2戦目をアンフィールドで戦えるアドバンテージはあるけれど、やはりバルサは強い。

ただ今回のインテルナシオナルの戦い方は「良いお手本」。
がっちり守って両サイドの裏を狙って攻撃を組み立てるやり方はレッズでもできるはず。
そして何よりも、ベニテス監督が最大の戦力かも?!

バレンシア時代に散々バルサとは戦ってるはずだし・・・。

|

« アイラでもゲーリック? | トップページ | 松葉杖教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/13149398

この記事へのトラックバック一覧です: 良いお手本:

« アイラでもゲーリック? | トップページ | 松葉杖教室 »