« 珍しい人から日本代表へのコメント | トップページ | グループステージ第1節 »

2007/09/20

さよならモウリーニョ

 今?なぜ?

 と思った。モウリーニョの退団が決まったらしい。シーズン開幕直後の今、なぜなんだ。今シーズンのチェルシーは決して悪くはないと思うんだが。

 もっとも宿敵のフロントの混乱状況は喜ぶべきところか?でもモウリーニョもあれだけの監督なのにオーナーの口出しに合って思い通りにできないってのは少し同情する。その点、ラファは幸せなんだろう。少なくとも選手獲得、選手選択、戦術など自分の思い通りにやっているようだし。なおモウリーニョの後任はセビージャのラモス、ロシア代表のヒディング、それからデシャン説もある。ヒディングは前から噂があったけど、チェルシーの選手層にヒディングって驚異的な組み合わせだと思う(by オランダファンの発想)。

 モウリーニョに同情したところ、今度はアラダイスが何か言っている。「仮にチャンピオンズリーグでの成功がなければ、とうにベニテス監督は解任されていただろう」、そりゃそうだ。とは思うけれども、それがこれからのレッズのメンタリティや「リバプールはプレミアで優勝できない」には繋がらないと思うんだが……。

 ところでアラダイスはなぜボルトンを突然辞めたんだろう?後任のサミー・リーは相当苦労している。モウリーニョよりも先に首が飛ぶかと思ってたけど。ところでサミー・リーってすごく懐かしい名前。ボクが初めてレッズの試合を生で見た時—20数年前の冬の東京—TOYOTA CUPで来日した時のメンバーに名を連ねていた。ものすごく寒い国立競技場の観客席、隣に座っている姉と、リーがボールに触れるたびに「寒みー」と……寒い。

|

« 珍しい人から日本代表へのコメント | トップページ | グループステージ第1節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/16511602

この記事へのトラックバック一覧です: さよならモウリーニョ:

« 珍しい人から日本代表へのコメント | トップページ | グループステージ第1節 »