« レッズ逆転勝利! | トップページ | また勝てなかったベティス »

2007/10/21

上位陣はみんな勝った

 イングランド・プレミアシップの第10節。上位陣はほぼ安泰。

 シティはバーミンガムとホームで対戦して1-0。ユナイテッドはビランズとアウェイで戦い4-1。今気付いたが、どちらもマンチェスター対バーミンガムの戦いだ。首位アーセナルはボルトンを2-0で退けた。

 この結果、首位は依然としてアーセナル。8勝1分け、勝ち点25。2位はマンチェスターユナイテッドで7勝1敗2分け、勝ち点23。3位はマンチェスターシティで7勝2敗1分け、勝ち点22。4位はリバプールで5勝4分け、勝ち点19となる。5位以下にはポーツマス、ブラックバーン、チェルシーと続くが3チームとも勝ち点18。ただしブラックバーンのみは試合消化数が9試合。

 と、上位はこんな感じだが、やはりアーセナルは強い。若いチームだけにどこかでつまずきもあるだろうけれど、後に続くチームはそこを突けるかどうかだろう。

 ちなみに昨日のレッズの試合後のベニテスの言い分モイーズの言い分。モイーズによれば、ヒバートのジェラードMBEへのファウル→レッドは行き過ぎ?でも、ネビルのファウルは妥当、と言ったところか?でもレスコットへのファウルの見逃しが我慢ならんと。ボクは映像見てないから分からないや(笑)。

 とは言え、レッズの勝ちは勝ち。チェルシー戦での「誤審」の悔しさを少しは晴らせたかな?

|

« レッズ逆転勝利! | トップページ | また勝てなかったベティス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/16827326

この記事へのトラックバック一覧です: 上位陣はみんな勝った:

« レッズ逆転勝利! | トップページ | また勝てなかったベティス »