« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007/12/31

ご冥福を

今、試合が終わった。
レッズはスコアレスドロー。
あれだけ圧倒的に攻めながら……

それにしてもまた悲劇が……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おそらく今年最後のサッカー観戦(生)

間もなくキックオフ。
おそらくボクが今年最後に見る生中継(笑)。
リバプールがマンチェスターシティと対戦する。
5位と4位の争いでもある。

今日は(もう昨日だが)、アーセナルとエバートンの試合を録画で観た。
前半のエバートンが良かったのか、前半のアーセナルが悪かったのか?
でも全般にアーセナルはいわゆる「パスサッカー」は影をひそめていたと思う。
それでも4-1で逆転勝ちするんだからすごいよな〜。

さて、レッズ戦がスタートする!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/30

ユナイテッド強し!

 ユナイテッド強し!……と言ってもハマーズ(ウェストハムユナイテッド)の方!

 いや〜面白い試合だった。前半から圧倒的にウェストハムのペースだったのに、マンユーがロナウドのとんでもないヘディングシュートで先制。その後もハマーズが結構良かったんだけど……。

 後半にはスペクターのハンドでPKになったけれどもロナウドが外す。これが決定的だった。その後セットプレイからハマーズが2得点し、逆転勝利。

 昼間に見たセルティックの2試合とはまるで違う迫力のある試合だった。

 という訳で、今日は高校サッカー、セルティック戦2試合、マンユーとサンダーランドの試合、そして今、ウェストハムとマンユーの試合と一日サッカー三昧(笑)。

 ちなみにチェルシーはニューカッスルに2-1で勝利。アーセナル戦はこれから、リバプール戦は明日。いや〜年末年始は楽しいな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/29

ハマーズ!がんばれ

マンユーとハマーズの試合を見る。まもなくキックオフ。

テベスがアップトンパークに帰還だ。おお〜テベスにはすごい声援。

本日の、実況は金子さんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/28

ベティス?

 たまにはベティスネタ。フレッジとバロシュのオファーがあったらしい。

 金に糸目をつけずにぜひ獲得しましょう!もうやばいよ〜ベティス。酷過ぎるよ。攻撃も守備もぼろぼろ。監督代えても変わらないんだから……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/27

辛勝

 ネットの速報を眺めていただけだから詳細は解らないが、取り敢えず2-1でレッズが勝った。

 前半12分にトーレスが決め、後半の67分に同点に追いつかれるという嫌な展開。そのまま終わるかと思った90分にジェラードMBEが決めた。

 シャビ・アロンソとフィナンが先発に名を連ねた。

 気になるのはベンチ入りメンバーと交代。ベンチ入りの5名にディフェンダーがゼロだった。しかも中途半端な54分にヒーピアに変わってベナユンが入るという変則ぶり。いったいヒーピアに何があったのだろう……。

 ちなみに師弟対決は4-0でファーガソン(マンユー)の圧勝。キーン(サンダーランド)はまったく歯が立たず?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

すごい!

 サッカーって面白い。

 チェルシー対アストンビラの一戦は前半ロスタイムまでは圧倒的にビランズだった。特に44分の2点目はチェフの信じられないミス。あのチェフが……。

 そして前半ロスタイム。ナイトのファウルでPK。ただしザット・ナイトの一発退場は???

 後半はチェルシーが押しぎみになって50分にシェフチェンコがゴール。素晴らしいミドルシュートだった。66分、CBのアレックスがずどーんと上がってきてゴール。これもすごかった。FW並のプレイだよ。アシストはシェフチェンコかな?で3-2とチェルシーが逆転。次いで72分にアストンビラのセットプレイからCBのラウルセンが素晴らしいゴール。で、同点。

 80分、アグボンラホールへのファウルでカルバーリョが退場。ありゃ危ない。88分、フリーキックでバラックがこれまたすごいシュート。チェルシー勝ち越しで終わり、、、、かと思ったら、最後の最後にビラが波状攻撃、アシュリー・コールがハンドで一発退場。で、バリーがPKを決めて同点。

 合計、8ゴールが決まったすごいゲームだった。

 荒れ模様といえば荒れ模様。でも面白い(笑)。

 え?マンユー戦の中継も観られないじゃない!……契約していない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/26

ビラ!

 アグボンラホールの素晴らしいクロス、カリューの落ち着いたセンタリング、最後はマローニーが決めた。現在、スタンフォードブリッジの試合を観戦中。

 気付いたんだが、レッズ対ダービーの試合はスカパーだから我が家じゃ観られない(泣)。仕方がないので、現在見ているチェルシー対アストンビラの試合を観て、その後、サンダーランドとマンユーの試合を見ようッと。マンユーの試合を見ながら、レッズの試合はネットでチェック。

 で、ビラが先制!頑張れ!ビラ!現在プレミアにいるチームの中ではレッズを別とすると一番好きなチームだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクシングデイマッチ

 年末年始はイングランドサッカーいや、フットボールが面白い。

 12月から1月にかけてのイングランドのタイトスケジュールは言語を絶する。中2日は当たり前、中1日も結構あるんだから。年が明ければカーリングカップにFAカップもあるし……。で、テレビ欄を見ると、結構日本でも中継するみたい(笑)。今晩はボクシングデイマッチ。レッズとダービーの試合。最下位をずどーんと独走中のダービー相手には、先日のポーツマス戦みたいに勝って、レッズファンが「クリスマスプレゼントの箱を開ける日」になって欲しい!

 そういえばここしばらくのレッズはCLでマルセイユに圧勝して喜んだと思ったら、ユナイテッドに負けてリーグは終戦気分……、カーリングカップはチェルシーに敗けてホントに終戦(泣)。

 リーグでは首位ガナーズからは10ポイント、ユナイテッドからは9ポイント、ずいぶん離されたけど、まだ1試合消化数が少ないレッズは実質7ポイント差!ということでまだ諦めない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/25

そこまで頑迷固陋ならば

 あほらしい、といえばあほらしい、のだが、私は以前から職場は禁煙であるべきだと思っている。

 とは言え、もちろん喫煙者もいる訳だから最も望ましいのはいわゆる分煙というスタイルだろう。先日、会社の引っ越しがあり編集部が営業部他と合流した。

 編集部は喫煙者が多いにもかかわらず、以前から禁煙=分煙を推進してきた。本音の部分で、編集部の喫煙者のみんながどう思っていたかは知らないが、少なくとも編集長である私に遠慮してか、表面上は理解してくれていたようだ。

 しかし今回の引っ越しで営業部などと合流するにあたり、やはりその部分「喫煙」がネックになっていた。営業部、および本社では喫煙が当たり前になっていたから……。しかしながら引っ越し当日の夜、なぜか私と、もう一人の編集スタッフ(たまに喫煙者だが当日は一切その場では吸っていない)が灰皿の片づけをする始末だ。やはり分煙にすべきだ。

 そこで正直、こんなのは正常じゃない。と、今日、社長に食ってかかった。

 ところが、最大の喫煙者である社長曰く、全般的な会社のルールを守れない(掃除だとか、遅刻だとか)んだから、それを守れるようなルール作りをする一環として、タバコの是非も問うべきだと、悠長なことを言う。以前もこんな議論が別のスタッフとの間で交わされていたことを思えば、私には「禁煙・喫煙」問題のすり替えにしか思えなかった。

 そもそも、社長や他のスタッフが喫煙するのはいっこうに構わないが、なぜ私がタバコの煙を吸わされなければならないのか?正直な話、喫茶店や飲み屋でタバコの煙がかかるのはこちらも了解済みだから良い。しかし編集部は別だ。仮にも知的活動を行っている場であり私の集中力を激しく削ぐ。

 しかも社長には歩いて数歩の距離に個室の社長室があるのだから、そこで好きなだけ吸えば良い。同じフロアで壁もない社長のデスクで吸う必然性はないのだ。「分煙にするといったってどういうカタチでやるのかプランもないではないか?」と問われ「換気扇の下で吸えば?」と答えたって、書類をよこせ的な話になるんでは、それこそお話にならない。

 社長曰く「今あるものを換えるにはそれなりの根拠がいる」のだそうだ。はっきり言って鶴の一声で済むはずでは?社長が「俺も社長室で吸うから、おまえらも他の人に煙がかからないように吸え」で済むんでは?そんなくだらない事柄に対して一々書類だ、プロセスだ言われても……。

 年齢的には一つしか変わらない社長だが、以前から保守的だとは思っていた。しかしながらそこまで頑迷固陋ならば……。

 出版社は常に「新しいものを創る」という業務だ。そのトップがこれではと、つくづく暗澹たる気分で、酔っぱらってここまで書いた……。

 もっとも昼間の社長との会見では私が先にプッツンして、テーブルを叩いたのが悪いんだけど……。ま〜経営者に対する態度ではなかったね(笑)。とは言え、現状での未来に限界を感じる今日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/12

バベルのゴールでフィニッシュ!

 そして最後はオランダ期待の若手ストライカー、ライアン・バベルがゴールを挙げて、レッズは4-0でマルセイユをリード。トーレスに代わって入ったバベルだけれど、今季は途中出場ばかりでも結構点を取ってる印象。そして試合終了!グループステージ突破!

 にしても、ゼンデンにシセに、なんだか懐かしい選手が散見されるマルセイユだった……。

 なおポルト対ベシクタシュ戦は2-0でポルト。この結果、グループAはポルトが首位通過、レッズは2位だった。って〜ことは決勝トーナメント1回戦では1位通過で、なおかつイングランド以外のチームと当たるはず。

 それに該当する1位通過が決まってるチームはインテル、バルセロナ、ACミラン、レアル・マドリーか、、、、強そう〜どこも。ポルトは同じ組だったけど当たることあったっけ?後可能性があるとすれば1位通過が濃厚なセビージャか。う〜んベティスファンでもある私的にはレッズ対セビージャの試合は見たい。で、代わりに粉砕して!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カイトだ!

 後半スタート。で、すぐさまカイトのゴールが生まれる。3-0とほぼセーフティーリード。とは言え油断は禁物。CL決勝で3-0から同点に追いつかれてPK戦で敗れたチームを知っている……ので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続いてトーレス!

 11分、フェルナンド・トーレスも得点!

 これで、2点リード。ああ〜、突破できるかも!!本当に(嬉)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱ、ジェラードMBE

 先ほど、運命のチャンピオンズリーグ、グループステージ最終節がキックオフ。

 敵地でのマルセイユ戦。レッズは開始早々、ジェラードMBEのゴールで先制!行けるかも!決勝トーナメント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/03

ユーロ2008

 ぁ痛たたたたたた。と、叫びたくなるような組み合わせだよ。

 なんだこれ〜。

 元々、今回は通常ならいっしょにならないようなレベルの3チームがいっしょの組に入るという危惧はされていたけれど、まさか内のチーム(オランダ)が……。

 それにしても予選でもいっしょのフランスとイタリア、こちらも同じくいっしょの組だったルーマニアとオランダって……。オランダファンとしてはかなり心が痛いと思うけれど、サッカーファンとしては相当に面白そうなグループリーグと言えるかもしれない。それに必ずしも勝てない相手ではないし。

 後半年でオランダが攻撃力を再編してくれれば……。マルコ、がんばれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »