« 新型MacBook | トップページ | ゴールドコースト »

2008/10/16

「常識」を疑うことは楽しい

 先日書いた今月号の文藝春秋に面白い記事を見つけた(笑)。

 東大の生産技術研究所の渡辺正教授の「CO2が世界を救う」という記事だ。まったく何の疑いも無く、温暖化の原因を「CO2」に求める昨今の「風潮」に警鐘を鳴らした記事で、かなり面白い。NOAA(NASAの気象衛星)の中層域の気温の観測データなどを元にして、地球規模では温暖化してないとし、あくまでも「温暖化」は局地的なものと言う。

 しかもCO2が増えれば、植物の成長が促進され、「食料・資源問題の救世主」になるとまで語る。さらに最近の「エコブーム」自体もCO2を排出していると皮肉る(CO2排出は良いことなので歓迎という文脈の中で)。

 これは面白かった。「常識」を疑い、「裏」を取るってのは研究者にとってもジャーナリストにとっても基本だろう。世界的な「常識」に疑いを持ち、それを論理的に否定するってのは面白い。ゴアの『不都合な真実』に至っては「本質的に根拠の薄い「ホラー物語」」とばっさり(笑)。それがノーベル平和賞を取ったのだから、世界的な狂乱ブームなんだろう。

 もっとも、渡辺氏の記事がホントに正しいのかどうかは私も「裏」を取った訳では無いので分からない(笑)。

|

« 新型MacBook | トップページ | ゴールドコースト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/42811280

この記事へのトラックバック一覧です: 「常識」を疑うことは楽しい:

« 新型MacBook | トップページ | ゴールドコースト »