« ミツカンではない | トップページ | アヤックスはひとりだけ »

2008/10/03

林檎は嫌いだがマックは

 私は基本的にはマックユーザーである。ただしアップルジャパンのカスタマーサービスの対応の悪さは虫唾が走るくらいに嫌い。彼らには知識もなければ、愛情もないと、勝手な偏見を抱いている。しかしマックのインターフェイスのすばらしさによって、半分はいやいやながらも林檎マークとの付き合いが10年以上続いている。

 先日、マックブックを諸々パワーアップし、OSもレパードに変えた。まったくストレスなく移行できたんで、さすがマックと感心した。

 で、その数日後、あまりの安さに惹かれてWinのミニノートを買った。だってE-Mobileとのセットで、100円とか、9800円とかで、そこそこのWinのPCが買えちゃうんだよ!もっとも24ヶ月にわたり月々3000円くらいの料金をE-Mobileに払わないといけないので、昔の1円携帯のイメージ。とは言え、マックでも使えるE-Mobileの通信端末がついているので、結構満足度は高い。今回、僕が買ったのは台湾のacer(エイサー)というメーカーのミニノート。ミニノートで主流になりつつあるスマートメディアではなく、120GBのハードディスクを内蔵のそこそこ本格派だ。

 8.9インチながら、そこそこのキーピッチ、前述のハードディスク容量とそこそこ満足のスペック。そして何よりも1kg強という軽さ。これならカメラのボディ2台とレンズ2本を機内持ち込みしても楽に出張に行けると、喜んでいる。しかも外部モニターをつなげればほぼ普通のPCと変わらない。

 しかし、である。OSはXPなのだが、あまりのセットアップの面倒くささに驚いた。マックOSの感覚でいると雲泥の差。これが初心者も使うPCってのがまったく信じられなかった。Win to MacはあってもMac to Winがあまり無いのは身をもって理解できた。よくま~ウィンドウズのユーザーはこんなに七面倒な環境に満足しているものだと・・・。

 たとえば、エクスプローラーとサファリを比べたって、断然にサファリが良い。構造の簡単さで行けば圧倒的に後者だ。エクスプローラーとサファリを比較したら、絶対にサファリのほうが扱いやすくて、初心者向きだと思う。今日のブログは出張先にてミニノートで打っているのだが、サファリを使っている。確かにエクスプローラーのほうが動画の再生やら何やらには一日の長があるのだけど、普段使いはサファリで、困ったときだけエクスプローラーってのが、標準になりそうだ。

 また前述の外部モニターの設定にしてからがマックに慣れている身にはありえないくらいに面倒くさい。マックの場合、とくにOS-Xであれば、端末につなげるだけで普通に認識する。それをいちいちドライバだ、なんだと騒いでいるウィンドウズっていったい何なのだろうと思ってしまう。マックでドライバが必要ってクラシック環境までだった。OS-Xでも実際にはドライバがあるんだろうけれども、そこを自動化してしまっているところが、マックの良さか?素人にはドライバ云々なんてわからなくてもいいはずなのに、、、、

 そして、何よりもマックの環境で感動したのが、MobileMeのすばらしい機能。マックブックとこのミニノートがネット経由でシームレスにシンクロできるのだ。ブックマーク、アドレス、カレンダーの情報を、どちらかの端末で更新しても、MobileMeのサーバーを介して、自動的に同期できる。これは本当に便利。ぜひともお勧めしたい環境だ。

 改めてわかったマックのありがたみ(笑)

|

« ミツカンではない | トップページ | アヤックスはひとりだけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/42666486

この記事へのトラックバック一覧です: 林檎は嫌いだがマックは:

« ミツカンではない | トップページ | アヤックスはひとりだけ »