« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008/12/31

LFC STATEMENT ON STEVEN GERRARD

 コメントを差し控えていたクラブがようやくコメント。公式サイトに声明が出た。

 ここ48時間で起こったことに対してクラブはフルサポートすると誓ったそうだ。それはそうだし、ボクも早く出てきて欲しいが、一体何があったのか? 事実関係をはっきりさせて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/30

首位に水を差すMBE

なにやってんだよ〜。

暴行容疑で捕まる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/29

フルハム!!

 今、ネットでチェックしたら、フルハム対チェルシーの試合は2-2だった。今季のフルハムはなかなかしぶとい。先日、リバプールもやられたし。あの失点の少ないチェルシーから2得点ってのもすごいなー。

 ってことは、20節終了時点で首位のリバプールはチェルシーに3ポイント差を着けたことになる。リバプールは勝ち点45、チェルシーは勝ち点42。ちなみに現時点で暫定3位のマンチェスターユナイテッドは3試合消化数が少ないが勝ち点は35。仮に3試合とも勝った場合は44になるから、チェルシーを抜くのも時間の問題。

 19回目と18回目とを懸けた戦いが迫ってきたのかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/28

セントジェームスパークに流れるYou'll Never Walk Alone(笑)と大ブーイング(笑)

 同じではないが、またまた似たようなタイトル

 本日は、ランチタイムキックオフでニューカッスル対リバプールの対戦。日本では午後9時という身体に優しい時間帯だ。前節ボルトン戦からわずか中1日、本当にイギリスのサッカーって恐ろしい。ほかの国がウインターブレイクに入っているのにずっとやってるからね。

 本日は中1日ってこともあって先発に多少変化。ワントップにカイト、トップ下というよりもセカンドトップにジェラードMBE、右にベナユン、左にバベル、センターにルーカスとマスチェラーノ、ディフェンスは前節と同じく右がキャラガー、左がインスーア、センターにヒーピアとアッガー、もちろんキーパーはペペ。キーンとリエラ、シャビ・アロンソは先発を外れた。

 序盤から激しくレッズが攻め込むが、神懸かり的なギブンのセーブでなかなか点が取れなかった。しかし31分、ジェラードMBEのポストに当てる豪快なシュートでようやく先制。いや〜かっこよかった。36分にはコーナーからファーサイドで跳んだヒーピアがゴール。コロッチーニとダンスを踊るかのようにずっと掴み合ってたが、ボールが飛んできた瞬間、コロッチーニをすっ飛ばしてジャンプ。ヘッドでどかーんと決めた。さすがヒーピア! 前半のアディショナルタイムにコーナーから失点したため1-2で前半を終える。

 後半に入って、頭からニューカッスルはアメオビ投入。これで1度決定機を作るが……。50分にコーナーからの混戦で、バベルがゴール!!!! これで1-3。59分、パスミスからオーウェンの突破を許すが、マスチェラーノがタックルで潰す。でもホントにあれじゃ、潰れちゃうからあのタックルはやめて。オーウェンは無事だったが、マスチェラーノのタックルは一発レッドでもおかしくなかった。60分、ベナユンに代わってシャビ・アロンソ登場。66分、ルーカスの素晴らしいロングパスからジェラードMBEが抜け出し4点目。

 70分、ジェラードMBEが下がり、エンゴクがピッチへ。75分、ニューカッスルのセンターバック、スティーブン・テイラーがペペへレイトチャージ。ありゃ、酷い。これもイエローじゃなくてレッドでも良かったんでは?その直後のプレイでエンゴクがペナルティエリア内でドリブル、倒されてPK。シャビ・アロンソが決めて1-5。79分、カイトに代わってシュクルテルが久々に登場。お帰り!シュクルテル。ようやくあの怪我から復帰した。その後は5バックみたいになってた。

 そして80分過ぎ、セントジェームスパークにYou'll Never Walk Aloneの合唱が流れはじめる。とすかさず大ブーイング(笑)さすがに多勢に無勢ではあったが聞こえたよ! 試合はそのまま終わった。

 しっかし、ギブンのスーパープレイが目立った。ショットオンターゲットは13本、得点にはならなかった決定的なシーンも5〜6回あったことを考えれば、彼がGKでなかったら、レッズは一体何点取ったんだろう。ちょっとお粗末だったのはニューカッスルディフェンスだけでなく審判! マスチェラーノとテイラーは退場ものだった。それに前半のニューカッスルの一つと終盤のレッズの一つのオフサイドは、オンサイドだっただろう。

 今日の放送は実況・金子勝彦大先生と解説・永井さん。二人とも非常に豊富かつ歴史ある知識を披瀝してくれるので面白い。ダイヤモンドサッカー時代から贔屓の金子さんの実況の日は、必ず最初から見る。だって「サッカーを愛する皆さん、ごきげんいかがでしょうか?」が聞きたいんだもの。今、wikiを見てびっくりしたけどもう74歳なんだね〜。これからも元気で実況を続けてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/27

何とか、2試合

 結局忘年会どころか、19時過ぎに始まった会議が長引き、会社を出たのは11時前。こりゃーぎりぎりキックオフに間に合うかな〜。と思っていたら、地下鉄も西武線もそれぞれ遅れ、田無駅に着いたのはリバプール対ボルトン戦のキックオフ予定の0時。毎晩のように自宅までは、ママチャリでタイムトライアルをやっているが、今晩は酔っぱらってないのもあってか、早かった(笑)。しかもブラインドコーナーで無灯火の別の自転車に突っ込みそうになりながらも、巧みに避け、怒鳴る余裕! やっぱり夜間の無灯火自転車は危ないよ。ボクがブラインドコーナーに突っ込むのは基本的に夜間だけ。ライトがついてる自転車なら事前に分かるから。

 と言いつつ、自宅の居間には0時10分に飛び込み、さっそくチャンネルを変える。キックオフが少し遅れたようで6分過ぎからボルトン戦を観戦した。まー、一方的な試合だった。ボルトン唯一と言っても良いチャンスシーンは2分にあったようだが、それを見逃してしまったので、ほぼレッズペース。それにしても毎回思うが、実況・野村さん、解説・遠藤さんの組み合わせは酷いなー。

 ハーフタイムになって、

N:「前半を振り返ってどうでしたか?」
E:「リバプールペースの試合でしたね」

 って、何? ボール支配率70%近くで、シュートも10本近く放っているリバプールのペースって、そんな解説で良いなら、ボクでもできるよ。

 それはともかく、試合はレッズの圧勝。3-0で非常にすっきり!

 1点目のシーン、あれはおそらくサインプレイだろう。それまで右サイドはシャビ・アロンソ、左サイドはジェラードMBEとコーナーキックを蹴り分けていたけど、ゴールシーンの一つ前のコーナーは左サイドなのにシャビ・アロンソが蹴っていた。で、その直後の右サイドのコーナーは、ジェラードMBEが蹴って、ニアに動いてきたリエラが決めた。しかも何度も映していたが、この二つのコーナーとコーナーの間で、アッガーとリエラが身体をくっつけて話し合っていた。その後のリエラの動きだから、おそらくニアにボールが来るというサインプレイなんだろうと思うけれども……。

 2点目、3点目は守備一辺倒だったボルトンが、少し前に出てきたところを、どちらもキーンが決めた。キーンはこれで今季リーグ戦5得点目。ようやくアンフィールドの水に馴染んできたんだろうか? これからがとっても楽しみだ。

 非常に眠かったが2時15分からはアストンビラ対アーセナルの試合を、目をこすりながら、見た。もっとも眠い理由はリバプールの試合のハーフタイムに開けた赤ワイン(笑)。後半の45分で1本空けちゃったから眠いんだけど。

 さて、そのビラの試合だが、前半はそれまで見ていたリバプール戦を彷彿させるような圧倒的なビラペースの試合。こんなにダメダメのガナーズもなかなか見られないというくらいに、ビラが強かった。が、バーだのポストだのに3、4本嫌われて結局前半は無得点。一方のガナーズは前半はシュート1本だけ。しかし40分にデニウソンによって放たれたその唯一のシュートがゴールになってしまうんだから、サッカーって面白い。後半に入ると開始早々49分に再びガナーズが得点。今度はディアビーのシュートだが、これで2本目だったはず。10本以上打って0点のビラと、たった2本で2得点のガナーズ、これで試合が決まったと思った。

 寝るかなーと思いつつも、缶コーヒーでもう少し耐えた。その後の15分近くはいつ0-3になってもおかしくない展開だったが、ビラは何とか耐える。65分、アグボンラホールの巧みな動きでPKを誘い、バリーが決めて1-2となる。その後は肉弾戦の様相を呈し、イエローカードが飛び交う。かなりビラが攻め込むが追加点は奪えず、4分間のロスタイム。92分、伏兵ザット・ナイトが左足でズドンと決めて、土壇場で追いついた。

 やっぱりサッカーって面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/26

魅惑のボクシングデイマッチ

今日はボクシングデイ。もっとも開ける箱はないんだけど。そういう名前の日という認識だけで、ボクにはまったく関係ない。ちなみにボクシングデイという言葉の意味は、昨年、「ボクシングデイマッチ」というブログを書いた時に調べて知った。ってwikiだけど。

今晩はあまり遅くまで飲まずに帰宅しよう。だって、

ストーク対マンユーが日本時間の21時45分キックオフ。
チェルシー対ウェストブロムウィッチの試合が22時キックオフ。

これはどっちを見るか悩む。チェルシーが勝つと一瞬でも暫定首位に立たれてしまうし、ストークのデラップのスローインは見たいし……。

続いて、

リバプール対ボルトン戦が日本時間では翌27日0時のキックオフ。もちろん、何があってもこれは見る。

さらに、

アストンビラ対アーセナルが午前2時15分キックオフ。これも見たい。

と、ホントに素晴らしい週末だ。

が、年末の金曜日、いろいろとあるのは事実。すべてを振り切って帰るつもりだが……。

J-SPORTSのサイトにこんな素敵なコラム「【プレミア緩めなみどころ】ボクシング・デーの見どころ」というのがあった。

「そのような行為は世間の共通認識と照らし合わせると(取り巻く状況は人によって様々であり一概にそうとは言えないけれど)非社会的な行為とみなされる危険性がある。」

はい、確かに酔っ払いに「サッカー見たいから帰る!」は通用しないかも(笑)。

「思わずさっさと帰宅してしまう、そんな“のほほん顔”のフットボール・ファンが少なからずいたとしても社会の秩序を保つ上ではなんら問題はなかろう、と思う。」

はい、のほほん顔で今日は帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/25

ワンダーボーイはいずこへ?

 ニューカッスル所属のマイケル・オーウェンは契約を延長しないらしい。今季いっぱいはニューカッスルに残るそうだが、来季の去就はシーズン終了後に明らかにするとしている。1月の移籍も噂されていたが、それは自ら否定した。この発言に対して監督のキニアーも尊重すると。

 では、ワンダーボーイ——もう29歳なんだね——は、どこへ行くのだろう。そもそもスペインの白いチームに行ったのがすべての誤り。赤いチームに帰っておいで、と思うんだけど。ポジション無いよな〜。トーレスとオーウェンの2トップ? キーンもカイトもいるし……。オーウェンがあの二人ほど精力的に動くとは思えない。数年前のファウラーのようにスーパーサブで使われるんじゃ、不満だろうし。

 いつかは帰ってきて欲しいレジェンドの一人であることに間違いはないけれど、来季、赤いユニフォームを着ていたらちょっと複雑。そうなったら、キーンはいないかも(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

価値

 昨日本屋で文庫本を買った。1,200円だった。これって私の作っている月刊誌と同じ値段だ。文庫本で1,200円というと、かつては(ボクが学生の頃には)講談社の学術文庫くらいしかなかったように思う。800円、900円を超す文庫というと数年前でも相当に分厚いイメージがあった。昨日買った1,200円の文庫は確かに厚めだが紙が薄いせいか、480ページには思えなかった。それでもちょっと割高感が合ったけれど……。最近は全体的に文庫価格の高騰が急激に進んでいるように思う。

 単行本はだいたい1,200円〜という印象が強かったが、これも1,500円を超すのふつうになった。もっともこちらはアマゾンの送料(1,500円以上は無料)の関係で出版社サイドで敢えて1,500円以上に設定するケースが多い。先日、自分が制作に関わった書籍もやはりそこがひとつの基準点になっていた。

 本屋で単行本のコーナーを見ていたら、『ポル・ポト』(白水社)という極めて厚い本を見つけた。取りあえず手に取って前書きをぱらぱらと読んでいたら、なかなか興味深い。う〜ん、重いけど、欲しいなぁ、と。思ってお値段を見てびっくり。3,000円とか4,000円くらいかなーなんて思ってたら税抜きで6,800円だって! さすがにこれは買えん、、、図書館で借りるか、文庫化されるのを待つか……と思った。でもアマゾンのレビューを見ると内容などの書籍としての評価は高いけれども、「訳も悪く、相当読みにくい」というコメントも。これならやっぱり文庫化で手直しされるまで待つしかないか。

 話は変わって、昨夜、銀座はイブで大にぎわい。すごい人だった。が、どこもかしこもカップルだらけ。こんな日にも関わらず、スタッフの女性陣は、現場だけの忘年会をやるからみなさん出席してくださいと……。妻子持ちの我々からは「有り得ない」と大ブーイングだったが、電車で帰ることを条件に、というか新宿2丁目になだれ込まないことを条件(笑)に、出席。1次会は飲み放題の居酒屋で、あたりはやっぱりカップルばっかり。鍋をつついて飲み過ぎたが、オヒトリ4,200円。2軒目はカラオケ屋に行き、日ごろのストレスを大発散。で、オヒトリ3,500円。合わせて7,700円。うん、これなら『ポル・ポト』、買えたね。と、帰りの電車で一人思う。

 お金の価値って難しい。4、5時間の飲み会で1万円くらいすぐに使っちゃうことはあるが、本となるともっともっと長く楽しめる上に、いろいろと教えてくれるのに、なかなかお金を投下できない。以前、ある人から「人生で最もお金を使ったものはなんですか?」と聞かれた。衣食住を抜いて、ということだったので、やはり「本」と答えた。トータルすれば、飲み代よりも遙かにいっぱい投下しているんだけどね。それでも未だに一冊の本に出す金額のリミットは5,000円くらいかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/24

ありがとう、エバートン

 昨日は知り合いの作家の方のご自宅で、ホームパーティ。なんだか、今年はこのパターンが多い(笑)。午後5時頃合流したが、それまでは自宅でサッカー観戦だった。と言ってもセントジェームスパークで行われたニューカッスルとスパーズの一戦。前半は非常にスペクタクルで面白かったが、1-1。後半に入ってからは両チームとも動きがぱったりと途絶えてしまい、はっきり言って眠かったし、多少寝てた。終盤になってニューカッスルが勝ち越しゴールを挙げたが、ビドゥーカとダフの途中出場オジサンコンビががんばってた。ダフは交代してすぐに結果を出した。さすがベテラン。

 昨日の早朝に行われたエバートンとチェルシーの一戦はテリーの退場もあってか、ドロー。リバプールが引き分けて、勝てば首位に立つという状況で引き分けたのはこれで3度目か? チェルシーに昨季までの強さはないような気がする。というよりも他チームのレベルが明らかに上がった。おかげさまでレッズは首位をキープした。

 ふとリーグテーブルを見ていて気がついた。18節終了時点で首位レッズは勝ち点39、2位チェルシーは38、3位ビラは34、4位マンユーは32……。ユナイテッドは消化数が2試合少ない。ってことは、この少ない2試合にユナイテッドが勝つと、勝ち点でプラス6、すなわち38。ついに赤い悪魔が背後に近づいてきた感じだ。

 あのチームはこの辺からスパートをかけるからホントに危険……。今季は後半戦での直接対決は第29節、3月14日にオールドトラフォードで開催予定。でもこの3月14日って日程が非常にキツイ。その3日前か4日前にはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の第2レグが行われる。ちなみに今季のレッドデビルズとの直接対決は9月13日に行われた、アンフィールドで2-1でレッズが勝ったが、今季のレッズは決してホームで良い結果を出していない。どちらかといえば、アウェイの方が良い感じ(チェルシーもそうだが)。アウェイのオールドトラフォードにYou'll Never Walk Aloneは流れるのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/22

がんばれ、エバートン!

 先ほど終わった、エミレーツスタジアムでのアーセナル戦。敵地に乗り込んだリバプールは、かなり攻め続けていたものの、前半24分、ファンペルシに素晴らしい右足のシュートを決められて失点。アーセナルのチャンスって相当少なかったが……。が、42分、アッガーからのクリアがそのままディフェンスラインを抜け、キーンがこれまた素晴らしいハーフボレーのシュートを決める。前半は1-1。

 後半も相変わらずレッズペースだったが、62分にアデバイヨールが2枚目のイエローで退場。1枚目はインスーアへ、2枚目はアルベロアへどちらもレッズの両サイドバックへのファウル。しかしそこからは肉弾戦。アーセナルもかなり盛り返してきた。10人になっても局地的な数的優位をレッズはほとんど作れなかったように思う。でもこの30分間は、ハラハラドキドキの連続でかなり楽しかった。ところでハラハラドキドキって死語?

 試合は、残念ながら決め手を欠き、1-1のドローに終わる。これでレッズは勝ち点1を積み上げたものの2位チェルシーとの差は2ポイント。しかし火曜日に行われる試合の結果では抜かれてしまう……。そう言えば、この18節、ロンドン勢(アーセナル、チェルシー)とリバプール勢(リバプール、エバートン)の戦いだ。……エバートン、がんばれ! 珍しくライバルチームも応援してみる(笑)。

 なお、この試合、リバプールのベニテスが結石の手術後の療養で不在。トヨタカップ時代に日本にも来たことがある、懐かしのサミー・リー・コーチが指揮をとっていた。もっとも、電話による指示を延々と受けていたみたいだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/21

ルーニー!

 さすがルーニー。というゴール。クラブワールドカップはルーニーのゴールで1-0でユナイテッドが勝った。キトのGKもずいぶん好セーブを連発してたが……。ビディッチが一発退場した時は、あれっ? と思ったけれども、さすがはユナイテッド、というところか?

 相手が10人という状況でもう少し攻勢を強められなかったのがキトの限界だろうか。それにしてもキトの21番、上手いんだけど、走らないねー。アウトサイドの独特のカーブを掛けたパスとか、強烈なミドルとか、面白いんだけど、あれだけ走らないと、現代サッカーにはちょっと……。

 今一つ地味な大会だった。来年からは日本でやらなくなってしまうらしいが、なんだか寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メール

 最近迷惑メールがすごい。携帯へ腹立たしいピッチで届く。アドレスを変えるのは癪に障るので、ドメイン規制を続々と掛けている。周りでもやはりそういう人が多く、ちょうど11月頃から急激に増えているらしい。

 実際、こういう記事もあるくらい。

 ボクだけの問題ではないらしいが、キャリア側の対応はかなり受け身。勝手に迷惑メールフィルターを設定して、とかってスタンス。ちなみに私の使っている携帯のキャリアはauだが、他者でも同様なのだろうか? auを使っているのは耐水のG-Shock携帯があるからで、それ以外にメリットはない。ホントはiPhone見たいのが使いたいんだけどねぇ〜。auにはないからなー。

 迷惑メールがauだけの問題なら他のキャリアへの乗り換えも考えてしまう……。

 とは言え、最近は迷惑メールのキャッチコピーを見て大笑いする、という新しい遊びをしているのだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/20

サンタさんは天体望遠鏡がお好き

 う〜む、毎年悩ませてくれる時季がやって来た。だいたいクリスマスなんて、キリスト教徒でもないんだから、祝うことはないんだよ。ただ単にプレゼントを買わせたいがためのイベントじゃない。……とは思うけれど、サンタの存在を信じている子どもの夢を壊しちゃ〜いけないよ。と、言う訳で毎年、プレゼント選びに苦労する。

 生まれて間もない頃は何をプレゼントしても問題なかった。以前は月の土地をプレゼントしたことがある。あれっ? それは誕生日プレゼントだったかな? ってくらい何でも良かった。しかし、いつの日か、いろいろと条件がつき始めるようになった。

 で、本人に何が欲しいか直接聞いてみるが、以外にまともな答えは返ってこない。数年前までは、「サンタさんとは良くいっしょにお酒を飲むから、今度会った時に伝えといてあげるよ」といい加減なことを言って情報収集をしていた。昨年あたりから、「きっとサンタさんなら分かってくれるから」「だって毎年ちゃんと、欲しいものをくれるもん」って。それはちゃんと、情報収集してるんですよ!

 でも母親には何となく日常の中で伝えているようで、毎年とりあえずは大きく外していない。一昨年まではレゴが多かった。これならボクも遊べるし(笑)。去年は中国製のしゃべる地球儀。本命ではなかったらしいが結構喜んでいた。あれ買った直後の2008年1月に、確か発売中止になったはず。不適切な表現って……。中国政府の干渉を受けたとかってやつね。

 で、今年もそろそろ何とかしなくてはならない時季が近づいてきた。で、どうやら天体望遠鏡が欲しいらしい。というよりも厳密に言うと、星が好きらしい。以前から良くプラネタリウムを見に行っていたからかな〜。それならいっそ、天体望遠鏡にしようかという話をこっそりしている。

 が、すげー高いよ……。安いのなら幾らでもあるけれど、却って見にくいのも多いらしい。ある程度出すなら長く使えた方が良い。そう思うとどんどん高くなってしまう。ボクがどっぷり浸かれる趣味じゃないしな〜。昔は確かに天体望遠鏡も持ってて、星空見るのは大好きだったけど……。

 さて、どうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/19

チャンピオンズリーグ抽選結果!(1日に3回も更新したのは久しぶりだ)

なんだかな〜〜〜。

とっても作為的な気がするんだけど。
決勝トーナメント1回戦から面白過ぎませんか???

先ほど、チャンピオンズリーグ決勝トーナメントの抽選が行われ、リバプールはスペインの強豪レアル・マドリードと対戦することに。えぇ、、、っと11日に書いた「CL16」に、レアル戦が一番面白いとか、何とか書いたんだけど(笑)。

ホントにそうなっちゃったよ。という訳で、オランダカラーのオレンジからレッズカラーの赤へブログの色合いを変更する(笑)。だって今のレアルは白いユニフォームを着た、オランダ人のチームだからねぇ〜。とは言え、オレンジが好きなので、レアルとの第2レグが終わるまで。でもちょっと赤いブログって読みにくい。直ぐやめるかも(笑)。

その他の組み合わせは

チェルシー vs ユヴェントス
ビジャレアル vs パナシナイコス
スポルティング vs バイエルン
アトレティコ・マドリー vs ポルト
リヨン vs バルセロナ
アーセナル vs ローマ
インテル vs マンチェスター・ユナイテッド

となった。プラティニさんのイングランド潰し? とも疑いたくなるような組み合わせだ。ビジャレアル vs パナシナイコス、スポルティング vs バイエルン、アトレティコ・マドリー vs ポルトはずいぶんと緩い組み合わせに見えるんだが……。チェルシー vs ユヴェントスは相当面白そうだが、チェルシーに1票。リヨン vs バルセロナはまず順当にバルサが勝つだろう。アーセナル vs ローマ、これが一番難しいかも。すごいドツキ合いになりそう。インテル vs マンチェスター・ユナイテッド、これもある意味ドツキ合い。監督同士の(笑)。

で、肝心のリバプールは、今のレアルなら勝てるだろう。でもフンテラール君移籍後のレアルはどうなってるのかな〜って。やっぱりオランダの前線セット対レッズの強力守備網の戦い。すごく面白そう。でももちろんレッズが勝つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頼まれて、アラフォー合コン……

 先日って言っても、最初にその話を聞いたのはもう半年以上前だが、とってもエライ人(女性)から、アラフォー合コンを開いてくれ!と頼まれている。別にボクが主催する訳ではなく、アラフォーの独身男性を集めてこいとの指令がとんできた。ここ3週間連続で毎週末にその人と飲んでるんだが、すっかり忘れていた、その話がたまに出てくる(笑)。

 でもな〜、この年で独身の男ってだいたい結婚しない、もしくはできない理由があるんだよな〜。と思ってたら、今日面白い書き込みを発見した! 読売新聞のサイトの発言小町というコーナーにあったネタ。

「いい男」が足りない

 そ、そうなんだよ、紹介できるような、いい男が足りないんだよ!

>「いい男」が「いい女」に対して圧倒的に不足

まったく、その通り。そして、

>遅かれ早かれ化けの皮が剥がれるのでしょうが、出会いの段階における「いい女」生息数はそれなりに多い

ホント、その通り(笑)。

>友人としては素晴らしい、味わい深い男たちではあるのです。しかし、彼らを女性に紹介するとなると

うん、味わい深い連中はボクの周りにもいる……。
でもね〜〜〜。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

西武プリンスラビッツ撤退

 2週間前の5日に田無駅で選手たち自らビラ配りをしていたラビッツ。昨日、その撤退が決まったそうだ。

 〆切り間際だった今週頭にも、柳沢の焼き鳥屋に顔を出したら、前の前(だよね?)のキャプテンと、今選手がいたので、ごあいさつしてきたところだったのに。でも「もしかしたらやばいかも……」ってなことは言ってたしな〜。選手はプロ契約ではなく嘱託社員になっているらしいし、今後はどうなるんだろう。

 それにしても日本のプロスポーツってお抱えの企業に左右され過ぎだよ。地元に根付いたクラブチームっていう発想が無さ過ぎる。アメフトのオンワードの撤退が決まったそうだし、ちょっとマイナーなスポーツの強豪チームが続々といなくなるのは寂しい限りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/18

勝手に『footballista』〜えぇ、、、値上げぇ〜

 月刊誌で1200円は高いと思う。私の作っている雑誌はまさしくそのお値段。富裕層向けと日ごろから言ってるので、良しとしよう(笑)。でもねサッカー雑誌ではどうだろう。1月半ばから『footballista』が280円から300円に値上げされるらしい。それって月刊誌の1200円とほぼいっしょになる計算だ。それでもボクは買うんだろうけどね。確か去年10月のリニューアルで250円から280円に上がったんだよね。で、その時は値上げよりも小銭が多く必要になるんで、駅の売店で買うのが面倒っていうのが感想だった。そう言う意味では今回はコイン3枚、それなら買いやすい???

 毎回面白い木村編集長の巻頭コラム。ここのところなかなか切れ味があって良かったが、今週号はこの値上げの宣言とその言い訳(笑)に半分以上費やされている。でもさ〜、今さら用紙の値上げが価格を上げる原因ってのはな〜。ならばもっと早く値上げすべきでは? 用紙の急騰はだいたい今年の春先から秋口まで。原油価格の高騰に便乗した感があったので、この間、紙屋に会った時にボクは「原油下がったんだから、紙、安くしてよ!」って言ってやったくらいだ。が、もちろん下がらないけど。方法論としては紙を変える、というのもあったんでは? と思ってしまう。だいたい、今『footballista』が使っているマット系の用紙はインクの乗りが悪いんだか、染み込み過ぎで乾かないんだか、読んでると指にべっとりインクが着いて困る(笑)。

 今週号で面白かったのは、トピックスに出ていたフンテラールの親父さんの話。フンテラールの地元を訪れたTV局の取材に対して「隣人」のふりをして煙に巻いたらしい。後は小澤一郎さんのFuera de Fuegoというコラムだ。ここしばらく話題に上っている、スペインの八百長疑惑。これ、ホントならリーガは危機的な状況になるのでは? 特にバスクの雄、アスレティック・ビルバオはやばいかも知れない。史上初の降格なんてことが現実のものとなってしまうかも。バスク純血主義の善し悪しはともかく、ボスマン以降のヨーロッパサッカーのグローバル化の流れの中で、低迷が続いてビルバオ。それでもなんとか降格しなかったのは、実は……。なんてことにならなきゃいいけど。

 ふだんの片野道郎さんのコラムは好きだが、今週はドミニクの小窓、あまりスキャンダル興味ないンで……。もうひとつ「EL GRITO SAGRADO」とういチヅル・デ・ガルシアさんのコラムはペケルマンボーイズ出身の若き指揮官の話。この人の文も某隔週サッカー雑誌を愛読していた時代からお気に入り。「エンパの花道」は……。ボクは興味ない。たまに「ぶっ!」って笑っちゃうけど。今週は「名前の潜在力……」というコラムがなかったけれど、あれは面白くないな〜。だって現役のサッカー選手の名前と歴史上の人物の名前を比較したところで何も生み出されない。思いはただ牽強付会という言葉だけ。

 とは言っても面白いコラムや面白い文もあり、面白くないコラムや面白くない文もあるのが雑誌。そのバランスメーターの針が自分の中で面白い方に維持できている限りは読み続けるのだろう。って、人様の雑誌を云々する前に自分の……腹イタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/17

プリンセス嫌いなの??

 昨日、知人にもらったノート。ディズニーのプリンセスシリーズ〜眠れる森の美女とリトルマーメイドのノートだった。小3になる娘は去年あたりまでは、プリンセス好きだったはずだが……。しかも来年の夏にはディズニーランドに行く予定を立てているらしく、その時にはシーにも行って、リトルマーメイドの暗いエリアにも行くと張りきっていた。何年か前にシーに行った際にはリトルマーメイドのエリアが暗くて怖いって言ってたんですが。

 夜半に帰宅し、彼女の勉強部屋に置いておいた。翌朝(今朝)。

娘「何かと思った? プリンセス嫌いなのに……」
父「え?? 嫌いなの??」
娘「買ったの? もったいない」
父「いえ、もらったんです。メモにでも使って……」

……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/16

「大政翼賛」的な

 先週末の知人のホームパーティの席で某大手広告代理店の方とお会いした。クリエティブ部門のかなり上の方の人で、こんな席でもなければなかなかゆっくり話せない人だった。彼曰く「最近の雑誌はつまらん」と。彼が言っているのは主に自動車雑誌批判であったが、これには身につまされた。「最近の雑誌には批判精神とかジャーナリズムってものが無いんだよ」「クライアントだからって悪いものは悪いってはっきり言わなきゃダメなんだ」と。

 まったく以ておっしゃる通りとしか言いようがない。自分の作っている媒体のコラムで以前、この業界にはジャーナリズムが存在しない、と半ば自己批判(自己否定)を含めて書いたことがあるけれど、それはクルマの業界も同じだったらしい。広告代理店の彼に言わせると新聞もそうらしいから、今のマスコミはあらゆる部分でジャーナリズムを失っているのかもしれない。

 確かにこの不況下では、いやそうでなかったとしても、お金をくれる広告主の製品や行動を批判するのは勇気がいるだろう。編集サイドでゴーサイン出しても営業から横槍が入ったり、経営陣から横槍が入ったりってのはあり得ない話ではない。もっとも昨今の編集者は私も含めてまるで営業マンだから自らその批判精神は封印してしまうかもしれない。

 だからどの雑誌も新聞も似たような論調、似たような記事になってしまう、というのが彼の言わんとするところだった。新聞については、例えば『朝日』と『産経』とを読み比べれば、かなり違うとは思うので、必ずしも首肯けないけれども、雑誌の場合は……。確かに特徴はあっても、そこに大きな差を感じられるか? と言えば、そうではない。模倣は大切だが、「他誌の模倣合戦ばかりだから誌面がドンドンつまらなくなる」という彼の言葉には、唸らされてしまう。

 さまざまな雑誌の方向性が同じベクトルに向いてしまう。これってまるで大政翼賛会? 最近、『阿片王』(佐野眞一、新潮文庫)という本を読んでいるんだけど、戦前〜戦中のマスコミの話もチラホラ出ていて、強制されたとは言え、同じベクトルに向いていたのは間違いない訳で……。そう簡単に雑誌が翼賛化する訳でないけれど、やっぱり右に倣えの精神はちょっと怖い。だから雑誌の傾向が似てくる現在の状況に「大政翼賛」という言葉が思い浮かんでしまった。ちなみに私が読んでいる『阿片王』は文庫版の方。里見甫(さとみ・はじめ)の伝記的なルポである。これ、結構面白い(まだ読み終わってないけど)。そうそう、この里見甫のwikiに出てくる「備考」の記述も面白かった(なお前記した代理店の人の務める代理店は、このwikiの「備考」に出ている代理店とは別)。

 話がずれてしまったけれど、数年前からブームになっているフリーペーパーはまさしくクライアントありき。そこにはそもそもジャーナリズムを求めても仕方がないだろうし……。タダで見られる、それはインターネット、というよりもブログも同じ。

 それらの普及は誰もが本来自由に発言できるはずなのに、却ってジャーナリズムというものをどこか遠くへ追いやってしまったようにも思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/15

なぜかまだ首位……。

 土曜の夜はとある方のお宅でホームパーティ&2次会夜の新宿2丁目コースだったため、リバプールとハルとの試合はライブで観られなかった。日曜日の16時からの再放送で結果は知っていたが改めてハル戦を見た。ハルはリバプールに次いで私が2番目に好きなクラブチーム。結果はある程度満足できるものだった。

 ハル強い。ホントに全員でボールをずっと追い掛け続けている。あれだけレッズにボールを回されても食い付いていく。アンフィールドで2点先制されたのは最近記憶に無い。圧倒的にレッズがボールを支配していないがらワンチャンスを逃さずに2点先制したのは素晴らしかった。1点目はハルの右からクロスが上がり、左からまた右に戻してフリーの選手がゴール。確かに左右に振られたがマークが甘すぎた。2点目はキャラガーのオウンゴールだったが、あれは可哀そう。スルーしたら後ろFWに決められてただろうし。そもそもあんなにユルユルの守備でえぐられて、高速クロスを上げられてしまうなんて。左サイドのドッセーナ、もう少しちゃんと守ろうよ。やっぱりインスーアの方が良いんではないかと……。

 が、結局はジェラードMBEの2ゴールで追いつく。それにしても今季最大の補強はシャビ・アロンソの残留のような気がしてならない。かれのピンポイントのロングパスは世界一だ。得点そのものへの貢献度は低かったが、何本かとんでもないロングパスが通っていた。試合自体はエキサイティングで面白かったが、2-2のドローに終わる。もっとも前半のマスチェラーノの「ハンド」でPKを取られていたら2-3で負けていたかもしれない……。この時点で2位のチェルシーの試合は未だ行われていなかったため、遂に首位陥落かと思ったが……。

 日本時間で日曜日の夜(というか月曜日の未明)に行われたチェルシーとウェストハムとの試合は1-1のドロー。で、順位変わらず。ところでゾラは監督になってスタンフォードブリッジに登場。チェルシーファンはどう反応したんだろう。前日、3位のユナイテッドもスパーズに0-0と引き分けているため、ちょっと前と同じく、上位陣は仲良くドローに終わった。またアーセナルが引き分けてビラが勝ったため、ビラは4位浮上。ハルも6位でがんばっている。

 昨日のクラブW杯でガンバがアデレードに1-0で辛勝。アデレードの最終盤の猛攻は結構面白かった。でもどっちもパスが繋がらないんだよね〜。これでガンバはユナイテッドと対戦。さて、ここはどちらを応援すべきだろう(笑)。基本的にトヨタカップ時代からクラブW杯はリバプールが来日した時以外、ほとんど南米勢を応援してるんだが……。もっともプレミアのスケジュールを考えると、順当にユナイテッドに勝ち上がってもらい、2試合とも「本気」で戦ってもらう方が……。だから、ガンバにも必死で食らいついてもらえれば……。

 さて、レッズの次節はいよいよビッグマッチ。アウェイのアーセナル戦だ。これで勝てるようならば本気で優勝を云々できるかもしれないが……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/11

CL16

 チャンピオンズリーグは16強が出そろう。結局グループステージ当初に驚きをもたらしてくれた、マイナーリーグのクラブはいずれも16強には届かなかった。クルージュ、アノルトシス、BATEはいずれも4位敗退。オールボーは3位でUEFAカップへ。

 唯一番狂わせといえそうなのが、不甲斐ないブレーメン(3位)とインテル(2位)を尻目に首位通過を果たしたB組のパナシナイコスだろうか? とは言え元々パナシナイコスは弱小ではないしね……。国別ではイングランド4、イタリア4、スペイン3、ポルトガル2、ドイツ1、ギリシャ1、フランス1。アヤックスが3次予選で敗退した時点でまずいだろうとは思っていたが、最後の砦のPSVもあのざま(レッズ2軍に1-3)。オランダの凋落が著しい。まぁ国内からあれだけ主力クラスがスペインの白いチームに行けば仕方ないか(笑)。

 しかしイングランド勢4強の勢力図も面白い。レッズとユナイテッドのみが首位通過で、楽だと思われたチェルシーとアーセナルは2位通過だった。この結果、ベスト16でレッズ(及びユナイテッド)がぶつかる相手はかなり絞り込まれた。基本的にベスト16では同国対決、グループステージで同じ組の対戦はない。レッズの相手になる可能性があるのはB組2位のインテル、C組2位のスポルティング、E組2位のヴィジャレアル、F組2位のリヨン、H組2位のレアルマドリー(この組の2位ユベントスかと思ったが、CLの場合、直接対決での結果が優先されるので、同じ勝ち点でもユーベが首位)となる。

 ふつうに考えればポルトガルのスポルティングがお得? が、05/06シーズンにベスト16で同じポルトガル勢のベンフィカにボコられた苦い記憶があるのでいや。ヴィジャレアルはまるで南米のチームみたいだが、ユナイテッド戦を見る限り、レッズの守備陣は何とかなりそう(ホントかよ)。でも技巧系のチームとはまだ当たりたくない。できれば残るリヨン、インテル、レアルのどこかが良い。リヨンは最近やってないが、インテルはここ数年のCLでぎりぎり勝ってたから。

 できれば、インテルと。だってあそこの監督の戦術ならベニテスも熟知してるはず。イタリアのシマシマチームには敗ける気がしない(笑)。もっともレアルとの対戦が一番楽しいかも。白いオランダ軍団襲来は、オランダファンでもあるボクにはとてもわくわくする。レッズにはカイトもバベルもいるし! そう言えば、ベニテスってレアルのカンテラ出身だ。

 決勝トーナメント1回戦の抽選は19日の正午(フランス時間)。日本だと19日の夜中のはず。ちょうど〆切りで意識不明になっている頃だけれど、朗報を待つ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/10

今日は見られない……

 CLの最終節は先ほどキックオフ。へ〜、エンゴクが先発。ジェラードMBEはベンチ入り。GKはカバリエリか〜。先日、首位通過しない方が良いかもと、、、言っていた人がいたが、そう言う布陣?

 今日は始発でお出かけ……。行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/09

発熱気味

 MacBookをプチアップグレードしてから約3ヶ月。予想通りと言えば、予想通りなのだが、最近気になるのは、こいつの発熱。やはりハードディスクを500GBにしたせいか、かなり熱くなったように思う。そして何よりも困るのはバッテリーがすぐに無くなること。これも想定の範囲内とは言え、1時間を切ることもままある。

 やはり改造にはそれなりのリスクを伴うもの。これは仕方ないか。もっとも世の中、結構電源はあるもので、意外にバッテリーの減りについては困っていない。本来であれば、出張の際は、Winのミニノートを持っていくつもりだったが、結局、ほとんど使ってない(笑)。だっていろいろとWindowsって面倒なんだもの。これも予想通りかな? 結局、ミニノートと抱き合わせで買ったE-Mobileの端末とMacBookで旅をしている。

 で、気になるのが発熱。新幹線などで前のテーブルを使う場合はともかく、膝上で使う時はかなり熱い。ノートPC用のインナーケースを下に置いて使っているが、安定が悪くて……。とは言え、今さら120GBに帰れる訳もなく(笑)。当分、これを使うのだろう。

 それからLeopard。前にも書いたが、クイックルックが激しく便利。しかし、最近、Finderが勝手に落ちていることがある。あれ? クイックルックで写真選んでたのに、、、とかいうことがたびたびあった。どうもLeopardのFinderとクイックルックが不安定になってしまった。デカイサイズの写真を扱っているからなのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/07

ローバーズ戦

見られなかった、ローバーズ戦のダイジェスト。


Watch Blackburn Rovers v Liverpool in News Online  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

インスーアが左サイドバックで先発してる。ヒーピアも出てる。アッガーはやっぱり放出対象? それからキーンは先発にいない、、、途中、観客席にいるファウラーが映ってたが、そういえば今、彼はローバーズにいるんだっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー部集合

 昨夜、レッズはローバーズと対戦したが、3-1で勝ち、無事に首位をキープした。それにしてもなぜ、日本で中継が無いのだ! アーセナル戦もチェルシー戦もユナイテッド戦もすべてあったのに……。ビラの試合、いやシティの試合を中継した関係でどうやらレッズの試合は飛ばされたらしい。仮にもプレミア首位のチームの試合だよ、ちゃんと中継してくれ。なおハルは久々の勝利で、暫定5位に浮上。このまま行けば(無理?)、UEFAカップ圏内もあるかも。

 さてその前の晩、以前から仕事でお付き合いのあるTさんとある飲み会に行った。Tさんは高校時代のサッカー部の2つ上の先輩だが、その代のマネージャーのA先輩たちが中心になりmixiのサッカー部コミュニティーのオフ会のようなもの、が開催された。Tさんの代を筆頭に各代数名ずつが集まり延べ15人くらいいただろうか? 顧問の先生もいらっしゃって朝まで盛り上がってしまった。サッカー部で集まっての飲み会なんて何年ぶりだろう。高校卒業してすぐ位からだから20年ぶり(笑)=当時は未成年だよ。

 結構、みんな変わってないのが面白い。しかも携帯電話のおかげで、あちこちに「今すぐ来い」とか迷惑な電話してる人も……。で、実際に何人かやってきたし(笑)。みんな付き合いが良いのか、暇なのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/05

今日のラビッツ

 今朝、8時ころ、我が家の最寄りである西武新宿線の田無駅にて、西武プリンスラビッツのユニフォームを着た、でっかい人たちがチラシ配りをしていた。通勤途中の私が通るのは南口。その階段の下に某焼き鳥屋で良く見かける男性……背番号8、KONと書かれた男性がビラ配り。日本代表にも選ばれているラビッツのエース今洋祐選手が自らビラ配り中だった。「おはよ〜」と声を掛けると、割引チラシを大量に頂きました(笑)。スミマセン、何度か見に行きましたが、一度も金払ったことないんですよ〜。それにしても選手自ら、宣伝活動! 素晴らしい〜。明日、明後日の試合がんばれ〜。時間があったら行くか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/02

早起きしたのに……

 つまらない。早起きしたのに。なんだよ、あの試合。

 前節と変わらずアンフィールドでスコアレスドロー。得点を感じさせたのは相手チームのベラミーの気迫と、セットプレイ時のヒーピアのヘッドだけ。キーンもやっぱりだめ。どうにもならないな〜、トーレス居ないと。もっともトーレスだけでもダメで、ジェラードMBEとトーレスが揃わないと勝てないのかね〜。とは言え、わずかながらに単独首位。

 あぁ〜、仕事いこ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/01

と、言うことは……(笑)!!!

 昨夜はマンチェスター・ダービーに、(ビッグ)ロンドン・ダービー。注目の試合が続いた。

 マンチェスターの方の試合は観たが、ロンドンの方は眠い、、、力尽きた。だってマンチェスター・ダービーが眠いんだもの。0-1でユナイテッドが勝ったが、昨季のダブルで勝ったシティの面白さは皆無。ロナウド退場も含めてカード多過ぎ。ダービーだからね……。

 ロンドンの方はファンペルシ(オランダ代表!)が、2得点の大活躍で1-2でアーセナルが勝った。チェルシーはリバプール戦に続いてのスタンフォードブリッジでの敗北。スタンフォードブリッジはもはや「要塞」ではなくなった!?

 と、言うことはですよ!15節、チェルシーが勝ち点を積み上げられなかった=レッズが単独首位のチャンス!!!! なぜか月曜日の夜に試合が組まれたレッズの試合は対ハマーズ戦。ちなみに日本では朝の4時54分からテレビ中継(泣)。果たして見られるのでしょうか!?

 その他、ビラもハルもドロー。ビラはともかく、ハルは未だに6位!UEFAカップ圏内だよ。がんばれ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »