« なぜかまだ首位……。 | トップページ | プリンセス嫌いなの?? »

2008/12/16

「大政翼賛」的な

 先週末の知人のホームパーティの席で某大手広告代理店の方とお会いした。クリエティブ部門のかなり上の方の人で、こんな席でもなければなかなかゆっくり話せない人だった。彼曰く「最近の雑誌はつまらん」と。彼が言っているのは主に自動車雑誌批判であったが、これには身につまされた。「最近の雑誌には批判精神とかジャーナリズムってものが無いんだよ」「クライアントだからって悪いものは悪いってはっきり言わなきゃダメなんだ」と。

 まったく以ておっしゃる通りとしか言いようがない。自分の作っている媒体のコラムで以前、この業界にはジャーナリズムが存在しない、と半ば自己批判(自己否定)を含めて書いたことがあるけれど、それはクルマの業界も同じだったらしい。広告代理店の彼に言わせると新聞もそうらしいから、今のマスコミはあらゆる部分でジャーナリズムを失っているのかもしれない。

 確かにこの不況下では、いやそうでなかったとしても、お金をくれる広告主の製品や行動を批判するのは勇気がいるだろう。編集サイドでゴーサイン出しても営業から横槍が入ったり、経営陣から横槍が入ったりってのはあり得ない話ではない。もっとも昨今の編集者は私も含めてまるで営業マンだから自らその批判精神は封印してしまうかもしれない。

 だからどの雑誌も新聞も似たような論調、似たような記事になってしまう、というのが彼の言わんとするところだった。新聞については、例えば『朝日』と『産経』とを読み比べれば、かなり違うとは思うので、必ずしも首肯けないけれども、雑誌の場合は……。確かに特徴はあっても、そこに大きな差を感じられるか? と言えば、そうではない。模倣は大切だが、「他誌の模倣合戦ばかりだから誌面がドンドンつまらなくなる」という彼の言葉には、唸らされてしまう。

 さまざまな雑誌の方向性が同じベクトルに向いてしまう。これってまるで大政翼賛会? 最近、『阿片王』(佐野眞一、新潮文庫)という本を読んでいるんだけど、戦前〜戦中のマスコミの話もチラホラ出ていて、強制されたとは言え、同じベクトルに向いていたのは間違いない訳で……。そう簡単に雑誌が翼賛化する訳でないけれど、やっぱり右に倣えの精神はちょっと怖い。だから雑誌の傾向が似てくる現在の状況に「大政翼賛」という言葉が思い浮かんでしまった。ちなみに私が読んでいる『阿片王』は文庫版の方。里見甫(さとみ・はじめ)の伝記的なルポである。これ、結構面白い(まだ読み終わってないけど)。そうそう、この里見甫のwikiに出てくる「備考」の記述も面白かった(なお前記した代理店の人の務める代理店は、このwikiの「備考」に出ている代理店とは別)。

 話がずれてしまったけれど、数年前からブームになっているフリーペーパーはまさしくクライアントありき。そこにはそもそもジャーナリズムを求めても仕方がないだろうし……。タダで見られる、それはインターネット、というよりもブログも同じ。

 それらの普及は誰もが本来自由に発言できるはずなのに、却ってジャーナリズムというものをどこか遠くへ追いやってしまったようにも思う。

|

« なぜかまだ首位……。 | トップページ | プリンセス嫌いなの?? »

コメント

オートバイ雑誌ですが、ほんとうにバイクを好きな人が自分でバイクを弄りながらつくっている雑誌を知っています。売れているから、広告ゼロでも僕らは平気だって以前言ってました。まったくユニークです。
blogで僕は毎日言いたいことを言っています。誰からもお金をもらってないんだから当然ですよね。
僕は貴誌でもかなり言いたい放題かも知れません。少なくともあまりスポンサーの方に向いてはいないと思います。ご迷惑をおかけしております。(^^;;;;
でも、せっかく雑誌を造るなんていう素晴らしい仕事ができるんだったら、絶対ほんとうのことが書いてあるいい雑誌をつくりたいですよね。
雑誌というメディアが新聞よりも映画よりもテレビよりもラジオよりも大好きな僕はそう思います。

投稿: IB井上 | 2008/12/17 09:25

ありがとうございます。
ホント、そうですよね。

だから、ちゃんとしたブログは面白いんですよね。
結構、本当のこと(ホンネ)が書いてありますもの。

アドバタイジングとジャーナリズムとの狭間で揺れるってよりも、
この際だから、広告をばっさりとやっちゃう、、、
ってのも手かもしれません。

広告もあまり入らない時代だし(笑)。

投稿: あつし | 2008/12/17 09:32

おおお!いいんですか、そんなこと言っちゃって?!(^o^)

そのくらいの意気込みでボート好きの読者に向けて思い切って記事をつくったら、素晴らしいホンが造れるかもしれませんね。(^^)

他分野とはいえ実際やってる商業誌があるんだから、できないことはないですよね。以前はいっさいバイクメーカーの広告のない雑誌だったんですが、最近は無視できないのかH社の広告も載るようになっています。

期待しています。

投稿: IB井上 | 2008/12/17 11:02

うわ〜〜。プレッシャー。
って自分で言ってるんですけど(笑)。

そういう時代が来るのも近いかもしれません。

投稿: あつし | 2008/12/17 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/43438686

この記事へのトラックバック一覧です: 「大政翼賛」的な:

« なぜかまだ首位……。 | トップページ | プリンセス嫌いなの?? »