« ノスタルジーを誘う映画 | トップページ | 熱狂のビラパーク »

2009/01/10

なかなか

 今日は高校サッカー準決勝。目覚めたのが11時過ぎだったから、まったく間に合わないので、テレビ観戦。第1試合は前橋育英と鹿児島城西。前半から乱戦気味だったが、ポンポンと点が入って面白かった。前橋育英の背の高いFWの皆川佑介選手はなかなか良かった。シミュレーションか何かで要らぬイエローをもらってたが、質の高いポストプレーとヒールパスからのチャンスメイクは素晴らしかった。それからやはり大迫勇也選手。彼の得点も素晴らしかったな〜。もう一人、鹿児島の野村章悟と言う選手もここぞというところで2得点。彼も毎試合の得点らしい。試合は5-3で鹿児島の勝ち、前半はまさしく激闘、後半は互いに粘りあった。どちらもチーム全体としてのディフェンス力が今一つだったが、面白いゲームだった。

 第2試合は、鹿島学園と広島皆実、、、、ええっと広島は「みなみ」と読むんだ! こちらは打って変わってなかなか点の入らない試合。しかしチャンスは多く観られた。前半は広島が圧倒。後半に風上に立った鹿島が攻めるが、広島が1点を取り1-0で決勝へ。

 守備の広島と攻撃の鹿児島。面白そうな決勝が期待できそうだ。

|

« ノスタルジーを誘う映画 | トップページ | 熱狂のビラパーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/43698141

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか:

« ノスタルジーを誘う映画 | トップページ | 熱狂のビラパーク »