« ついに1位 | トップページ | MacBookのバッテリーが成長中(笑) »

2009/09/05

ベスト4

 久々にオランダ代表の試合を観られた。ワールドカップベスト4以上を目指すオランダと、ワールドカップベスト4を目指す日本の対戦。んが……。どっちもあんな試合じゃベスト4なんて無理だろー!と強く言いたい。

 特にオランダの前半。余りにもやる気が無さ過ぎる。走ってたのはカイトだけだよ。やっぱりロッベンは当たり外れが大き過ぎる。日本を舐めているのは分かるけれども、ちょっと酷過ぎた。特にスナイデルは酷かった。あの両足タックルは本当に一発退場にすべきプレイだったと思う。もっとも後半にスナイデルは確か本田のタックルを受けて足首をひねり、かなり痛そうに退場。あのケガが長引かなければいいけどね。せっかくインテルで良いデビューを飾ったばかりだというのに。そうそう、ファウルといえば、後半にあった中村憲剛のゴールキーパーへのタックルもちょっと酷い。ちょうど大雨で滑ったようではあるが、ゴールキーパーの軸足へのタックルは、無いよなぁ。

 前半の終盤から多少オランダも本気モードになってきたが、やはり試合が変わったのは後半から。ロッベンに代わって入ったエリアが素晴らしい。あれじゃー、バベルの出番はなさそうだな。

 動きの少ないオランダに対して日本は圧倒的にボールを支配し試合を動かしていた。両サイドバックの長友と内田が両サイドをかなり上がり、中村憲剛などが結構良いパスを出してた。その後切り返してセンターにボールを入れてもセンターフォワードが決められない、といういつものパターンで、全然得点の匂いがしなかった。惜しいシーンって後半の中村俊輔のフリーキック位かなぁ。

 圧倒的に日本ペースだったが、点が入ったのは少し日本の動きが鈍くなった70分頃。ファンペルシの素晴らしいゴールだった。解説の松木さんは「ハンド、ハンド」と叫んでたけど、ファンペルシのトラップはいつもああやって手を前に出す気がするんだけど……。たぶん胸でトラップしてるでしょう。

 その後は圧倒的にオランダにスイッチが入った。というよりも日本が試合をやめてしまった、というくらいに動きがなくなった。スカスカの中盤にあれだけパスを回されれば、日本としてはさらなる2失点も仕方がないだろう。スナイデルの絶妙のミドルと、エリアのクロスを受けたフンテラールのゴール。スナイデルとは対照的にミランでは精彩を欠くフンテラールだけに、あのゴールは嬉しそうだった。

 あの「ヘッポコ」オランダ(前半の)に対して1点も取れない日本はやっぱり限界だろうと思う。しかも70分を過ぎてからの日本はまったく動きが止まってしまった。彼らは、特にベンチは、サッカーの試合が90分で行われるということを知っているのだろうか?と辛辣な思いになる。まるで35分ハーフの高校サッカーを観ているかのようなペース配分。というよりも日本代表に決定的に欠けているのは技術じゃなくて90分間戦う体力なんじゃなかろうか?

 一方のオランダ。日本を舐めていたのだろうけれど、あんなに酷い前半をしていたら、ちょっと強いチーム相手だったら何失点していたことだろう。本番までには修正するんだろうけどね……。

 せっかく楽しみにしていた日本戦だったのに、いらいらの募る試合展開だった。

|

« ついに1位 | トップページ | MacBookのバッテリーが成長中(笑) »

コメント

本当に、オランダは相手によってモチベーションが違うのをあからさまに出しすぎですよね(^^;
彼らは精神面の強化・・・というより教育?をやり直したほうがいいかもしれません。。。

投稿: さら | 2009/09/09 22:55

本当に、そうですね。
勝ってる時は強いんですが、
何かの歯車が狂うと、
ユーロのロシア戦のようなことになってしまいますからね。

投稿: あつし | 2009/09/09 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/46131135

この記事へのトラックバック一覧です: ベスト4:

« ついに1位 | トップページ | MacBookのバッテリーが成長中(笑) »