« TPO | トップページ | タイムトライアル »

2010/02/23

インテルいじめ、というよりもモウリーニョいじめ?

先日のセリエAのインテル対サンプドリア戦、残念ながら私は見ていない。もっとも中継があったとしても見なかったと思うが……。結果はドローだったそうだ。

試合で退場者を出してしまうのはある程度は仕方がない。それにしても、その試合中のインテル監督モウリーニョのしぐさについて「審判団への敬意を欠く」として先ごろ、3試合のベンチ入り禁止が命じられたそうだ。もちろんインテルはこれに反発、モウリーニョの代理人も侮辱を否定している。

個人的にはインテルは好きではないが、嫌いでもないという程度。モウリーニョについてはどちらかといえばチェルシー時代の印象が強くて嫌い。しかしどうにも最近のインテルとモウリーニョは叩かれ過ぎの感がある。確かにモウリーニョはひと言も二言も余計なことを言っているが、嫌いながらもいつもモウリーニョがすごいと思うのは決して自分の選手の悪口は言わないこと。常に自分がマスコミなどの矢面に立ち、徹底して選手を守るというスタンスはチェルシー時代から変わらないと思う。

ただカルチョスキャンダルの前から今に至るまで、インテルってのは常にイタリアでは少数派というか、野党的な存在なのだろうと思う。だから本来、勝つべき与党的なチーム(ユベントス、百歩譲ってACミラン)が今一つな現状は、許せないのだろうか。と、思いたくなるぐらい、インテルバッシングは酷いよな。

嫌いなモウリーニョに少し同情する今日この頃。ラファの次にレッズへお招きしても、良いと思う今日この頃(爆)。

|

« TPO | トップページ | タイムトライアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/47643173

この記事へのトラックバック一覧です: インテルいじめ、というよりもモウリーニョいじめ?:

« TPO | トップページ | タイムトライアル »