« コートジボアール代表その3(笑) | トップページ | モウリーニョの発言は »

2010/05/13

サードダウン、2ケタ

ぼくは普段あまり、アメフトは観ないが、たまにNFLを見ることはある。比べたら悪いが、Xリーグのレベルは……。なぜに攻撃している方のチームがどんどん後退して行くのだろうか……。このエントリーのタイトル、「サードダウン、2ケタ」とは……。

子どものチアダンスチームのコーチの方が、Xリーグ(アメフト)の某チームのチアリーディングチームに所属している。そのおかげで、子どものチアダンスチームも年に何回か、Xリーグの応援に参加させていただいている。主に娘たちはハーフタイムショーだけの活動だが、コーチをはじめチアリーディングチームの皆さんはほぼ試合中、ずっと応援を続けている。チアリーダーたちの体力たるや、すさまじい。

はっきり言ってオフェンスチーム、ディフェンスチーム、さらにスペシャルチーム(キック)と分業されたアメフトの選手よりもよほど動いているのでは無いだろうか?というくらいに、休む間もなく動き回っている。

で、「サードダウン、2ケタ」の話だ。

普通、NFLなどを見ていると「サードダウン、●●」の「●●」の部分には1ケタ台の数字が入ることが多い。サードダウンに至るまでにファーストダウン、セカンドダウンと2回の攻撃機会があった訳だから、仮に3ヤードずつしか進まなくても、6ヤードは進む。つまり10ヤードまで残り4ヤードとなり、「●●」には「4」という数字が入るはず。

が、なぜかこれまでにボクの見てきたXリーグの試合では「●●」に10以上、どころか20以上の数字が入るケースをかなり見てきた。「サードダウン、トゥウェンティスリー!」な〜んてのはざらだ(笑)。なぜオフェンスなのに下がるのか……アメフトってディフェンスが点を取るゲームじゃなかったはずだ。

まーまず、パスプレーが通じない。クォーターバックの投げるタイミングも遅く、どうみても通るように思えないことが多かった。もっとも稀にパスが通ると異様に盛り上がるが……。当然ランプレーが多くなるけれど、たいていスナップ後をクォーターバックが右往左往している間にディフェンスにガツンと張り倒される。まさにクォーターバックサックの嵐だ。クォーターバックからハンドオフでランニングバックにボールが渡ってもたいていはスクリメージライン手前で止められてしまうので、やはり後ろへと徐々に下がっていく……。

しかしさらにすごいのはパントである。というよりもパントに至る前のプレーがすさまじい。通常パントは、ロングスナッパーがボールを後方へスナップしパンターへと渡すが、このスナップが酷い。パンターの遙か頭上を通り過ぎ……。セイフティで2点を献上、というシーンを目撃した。

別にこれがアマチュアの試合ならば構わない。しかしボクはお金を払って見に行っているわけで、レベルの低さに笑って(もちろん失笑だ!)しまう試合を見たいわけではない。確かに娘を見るためだけに行ったにせよ。もちろん娘がお世話になっているので、あまり強くは言いたくないが、ありゃ、酷い。

チアリーダーの方がよほど頑張ってるじゃない、と思ってしまうのだ。

|

« コートジボアール代表その3(笑) | トップページ | モウリーニョの発言は »

コメント

別に生活費を稼ぐ為の仕事をしながらアメフトをやっている人達と、プロとしてアメフトだけで食っている人たちのプレーを比べるのは乱暴では?

大リーグと日本の社会人野球を比べてレベルが低いと言ってるような物ですよ。

投稿: | 2010/05/25 20:42

どちら様か存じませんが、書き込みありがとうございます!

おっしゃる通り、NFLとXリーグを比べても仕方ないですよね。

とは言え、お金を払って見に行っている以上、もう少し、面白い、あるいはましなゲームを見たかったな、と。

ちょっとサッカーの日本リーグ時代を思い出しました。あの当時は下手なプレイには容赦のない罵声が浴びせられたなぁと。Xリーグはそこにも至っていないのが残念。

投稿: あつし | 2010/05/25 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/48345687

この記事へのトラックバック一覧です: サードダウン、2ケタ:

« コートジボアール代表その3(笑) | トップページ | モウリーニョの発言は »