« CL決勝は | トップページ | MORE 7月号付録 に笑う…… »

2010/05/24

そこにあるから意味がある

ほとんどこのブログで政治にからむ話は書いたことが無かったけれども、昨今の沖縄の基地問題の経緯を眺めていて、ちょっと気になったことを。

そもそも沖縄になぜ米軍の基地があるのかということ。歴史的には太平洋戦争以降の米軍統治という事実がある上に、「返還」ももっとも遅い時期になされたということ。返還当時は冷戦まっただ中、日米安保を通じて日本もアメリカの軍事戦略の枠組みの中に組み込まれた訳だ。

そういう経緯で沖縄に米軍基地がある以上、アメリカの世界戦略にとって沖縄はどういう位置づけか? という点を看過して「基地の移転」を語るのは無意味に思える。

軍事基地は結局のところ、そこにあるから意味がある、のだと思う。もっと厳密に言えば、そこに即応できる戦力が維持されているから意味があるというべきか。沖縄の意味は地政学的にも言わずもがな、東シナ海のど真ん中、北は日本列島、南はフィリピン、西は中国大陸・朝鮮半島・台湾と囲まれている要衝だ。そんなことは素人のボクが見ても分かる話。「学べば学ぶほど」っていったいなに……って思ってしまう。

そもそもの公約で「最低でも県外・海外」に移転といっていたが、県外だろうと海外だろうと、米軍にとっては沖縄にあるから意味があるのだろうに。海兵隊の移転、空港(滑走路)の移転、結局はアメリカ軍は沖縄本島という安全な不沈空母が欲しいだけに思えるのだが……。かつて対ソ連という戦略の中では沖縄よりも日本列島本土や北海道の方が比重が高かったろうが、今現在は、もちろん、沖縄なんだろうと思う。

そこにあるから意味がある。そういう基地の移転を云々するならば、そもそも日米安保自体の意味を考え直すべきだと思う。基地移転問題だけを切り離しても、根本的に解決しようにない問題のような気がする。

|

« CL決勝は | トップページ | MORE 7月号付録 に笑う…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/48448871

この記事へのトラックバック一覧です: そこにあるから意味がある:

« CL決勝は | トップページ | MORE 7月号付録 に笑う…… »