« キックオフの時間は? | トップページ | 何やってんだか »

2010/06/20

オランダグループステージ通過

昨夜の日本対オランダ戦。日本は思いの他守備的だったが、1-0で辛うじてオランダは勝利。オランダのチグハグな攻撃には苛々が募った。その後行われたカメルーン対デンマーク戦は2-1でデンマークが逆転勝利。こちらはなかなか面白いゲームだった。


まずは、日本対オランダ戦。戦前の予想より日本はかなり良いプレイをしたと思う。高い位置からプレッシャーを掛け続けていたし、オランダの前線、特にファン・デル・ファールトあたりはかなり窮屈そうなプレイが目立った。ただし想像以上に守備的だったと思う。当然、前半からポゼッションはオランダが圧倒的(最終的に61%)。しかしながら互いに得点を予感させるシーンはほとんど無かった。前半は正直つまらなすぎて、ハーフタイムのダイジェストを見る気も起こらなかった。

後半に入り53分、スナイデルのミドルが決まるが試合自体の流れはあまり大きく変わらない。日本も良い攻め込みを見せるようにはなったが、決定的というシーンは限られていた。セットプレイからの阿部のフリックオンシュートはドキッとしたが(ん?前半だっけ?)。この試合も72分、ファン・デル・ファールトに代わってエリアが登場。やはりエリアは良い。先発、こっちの方が良いんじゃない?と思わせるできだ。もっとも次節はロッベンが復帰するかな? 一方、デンマーク戦と同じく再び登場したアフェライにはがっかり、GKとの1対1を弾かれる。あれは川嶋のファインプレイだが、アフェライももう少し工夫があっても良かった。その後、W杯初登場のフンテラールとアフェライが絡んで決定機を作るが、これまた得点にならず。苛々しながら試合終了。1-0というスコアは日本の素晴らしい健闘称えるべき。

オランダの何度かあった危機、やはり左サイドのファン・ブロンクホルスト絡みが多い。これでは決勝トーナメントに行ってから不安だ。カメルーン戦はブラーフハイトの左サイドバックを見てみたい。

続いてカメルーン対デンマーク戦。デンマークのパスミスからエトーがゴールを決めてカメルーンが先制。カメルーンが勝つということは最終節で「本気」モードに入ってしまうので、オランダとしてはいやだな、と思って見ていたら、ベントナーが素晴らしいゴール。互いにガツガツと攻め合って、この試合はなかなか面白かった。

カメルーンは日本戦とは見違えるような動きだが、両翼はスカスカ。サイドをえぐられるとちょっと弱い? デンマークは右翼のロンメダールが素晴らしいスピードを見せた。グループステージ最終節で戦う日本には脅威になるはず。そのロンメダールがゴールを決めて2-1でデンマークが勝つ。この結果、オランダのグループステージ通過とカメルーンの敗退が決まる。日本とデンマークが残る1枠を掛けて戦うことに。

さて、こうなると気になるのがE組1位(1E)通過の場合と2位(2E)通過の場合のお相手の行方。1Eは2Fと2Eは1Fと対戦する。現状の得失点差を考えるとおそらくオランダの首位通過は固い。F組はまだ1試合ずつを終えた段階だが全チーム勝ち点1で並ぶ混戦模様。普通に考えるとイタリアかパラグアイあたりが有力だが、まったく予想が付かない状況になっている。これは今晩の試合を見てからって感じかな?

もっとも1Eが1Fに勝った場合、その次は1Gと2Hの勝者。こちらは1G=ブラジル、2H=スペインの可能性が……。どちらが来ても茨の道。

|

« キックオフの時間は? | トップページ | 何やってんだか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/48675630

この記事へのトラックバック一覧です: オランダグループステージ通過:

« キックオフの時間は? | トップページ | 何やってんだか »