« 決勝の前 | トップページ | ブブゼラ、ジャブラニよりも »

2010/07/12

決勝

とうとう、ワールドカップが終わってしまった。結果は0-1でオランダの敗戦。さっきはスペインに敗けたのなら仕方がないと書いたが、やはり悔しい。しかもあんな負け方なんて……。


毎回、思うが決勝って結構凡戦が多い。今回もどうにもピリッとしない展開が続いていた。オランダもスペインも。

主審のハワード・ウェブは良く裁いていたと思う。28分、デヨンクのシャビアロンソへのファウルは一発退場でもおかしくなかったが、あそこでレッドだと試合が壊れてしまう。そういう意味でルールべったりではなく、試合の流れを上手く裁いていた。

もっともオランダはいつものことだが、アピール、抗議が多すぎる。そんなんで無駄なカードをもらうんだから。

後半、ロッベンが2度ほどGKと1対1になったが、あそこで決めていれば……。ある意味で勝負の分かれ目。

延長後半、ヘイティンガのファウルで2枚目のイエロー、そして退場。あそこは止めざるをえないシーン。仕方がない。結局その数分後に失点。ほんとロッベンが決めていればと悔やまれるなぁ。

スペインの交代は、ヘスス・ナバス、セスク、トーレスの3名。ヘスス・ナバスはかなり良かった。一方、オランダはエリア、ファンデルファールト、ブラーフハイト。エリアはカイトに代わって入ったが、ちっともよくなかった。ヘスス・ナバスに良いようにプレイさせていた。カイトほどの守備はしないし、攻撃も今一つでは意味がない。

トーレスは延長後半に登場したが、終了間際に負傷。動けなくなっていたのがちょっと心配。

|

« 決勝の前 | トップページ | ブブゼラ、ジャブラニよりも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/48857296

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝:

« 決勝の前 | トップページ | ブブゼラ、ジャブラニよりも »