« 「伺う」じゃなくて「窺う」なんでは? | トップページ | League Cup vs Exeter カーリングカップ2回戦エグゼター戦 »

2011/08/26

第1節サンダーランド戦と第2節アーセナル戦

 プレミアは開幕したものの今季はバタバタで未だにリアルタイムで試合を見ていない。しかし今のところ、全試合チェックできている。いずれもリバプールの公式ホームページのLFCTV onlineにて。今季はLFCTV onlineのフルシーズンチケットを購入した。これで好きな時に(テレビの権利関係で日本ではウェブでLive中継は見られない)全試合を観戦できる……。わ〜い!

 という訳でまず第1節。サンダーランド戦。ヘンダーソンには古巣との対戦だったが。結果は昨季までと似たような展開、つまり追いつかれる展開で1-1のドロー。しかもホームで。おーい何やってんだって感じだが、内容的にはあまりマイナスではなかったかも。スアレスへのファウルはプロフェッショナルファウル、明らかにレッドカードのはずだが、なぜかイエロー。もっともそのファウルで得たPKをスアレスが外してしまったが……。その後、スアレスはアダムの高速フリーキックに合わせて先制ゴール。終盤にとんでもないボレーを決められて失点、結局1-1だったが、初戦ということを考えればまずまずの内容だったんじゃないだろうか。

 続く第2節はセスク、ナスリの移籍で揺れていたアーセナル。余計なお世話だが、補強した方が良いと思うよ、アーセナルは……。この試合、前半はスコアレスだったが内容的にはうーん、微妙。キャロルの惜しいシーンもあったが、このままドローに終わるかもって不安だった。しかし70分にフリンポンが2枚目のイエローカードでレッドカードを喫し退場。レッズは71分に、キャロルとカイトを下げ、スアレスとメイレレスを投入。この二人が活躍する。先制ゴールは78分、ラムジーの不運なオウンゴールだった。右からケリーがショートパスをスアレスへ。スアレスはメイレレスめがけてボールを流してワンツーを狙って自らは右に開きながら前進。メイレレスはトラップしてスアレスの前進を待ってからボールを縦に。リプレイを見るとこの瞬間のスアレスはオフサイドポジションだった。しかしスアレスに被っていたアーセナルのDFミケルがボールをクリア。このクリアボールがラムジーに当たってしまいオウンゴールに。これでレッズがリードした。
 追加点もレッズだったが、これまたメイレレスとスアレス。試合終了間際、アディショナルタイムに、ルーカスが中央でボールをキープ、右のメイレレスに流す。メイレレスはワンタッチで中央へ。アーセナルGKのシュチェスニーはメイレレスのシュートに備えて右によっており、中央にいたスアレスが難なくゴールを決めた。ルーカスの縦パスが出た時点ではスアレスは微妙にオフサイドポジションのような気もしたが、そのままゴール。

 やはりメイレレスは良い。この後のエグゼター戦(カーリングカップ)で負傷してしまったが、今季は中盤は層が厚いの何とかなりそうな気がする。そしてスアレス。決して格好良い得点はないのだけれど、泥臭い得点力はこれまでのレッズに決定的に欠けていたもの。これでキャロルが本調子になって、MBEが帰ってくれば……。

|

« 「伺う」じゃなくて「窺う」なんでは? | トップページ | League Cup vs Exeter カーリングカップ2回戦エグゼター戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/52572537

この記事へのトラックバック一覧です: 第1節サンダーランド戦と第2節アーセナル戦:

« 「伺う」じゃなくて「窺う」なんでは? | トップページ | League Cup vs Exeter カーリングカップ2回戦エグゼター戦 »