« 着信拒否にしたい今日この頃 | トップページ | " I Wanna Be A Black Sabbath Guy, But I Should Be A Black Bass " »

2011/09/20

SUGOI ! "Sugoi Indeed"

先日、iTunesストア視聴サーフィンをしていて見つけたのが、エレクトリック・イール・ショック(ELECTRIC EEL SHOCK)というバンド。日本の3ピース・ハードロックバンドだが、欧米での方が著名なバンドだそうだ。ハードロック好きのボクも知らなかった(もっとも古いのしか知らないけど)。とりあえず全曲「視聴」したが、ホント、カッコイイ!スゴイヨ!“スゴイ・インディード”!

EESはアルバムを数枚出しているようだが、ライブ盤以外では最新作(2009年?)となる“スゴイ・インディード”というアルバム。これを発見したのは、実はiTunesストア視聴サーフィンをしていた時のこと。以前はパソコンに入っていたはずのジャパニーズヘビーメタルバンド「ラウドネス」が見つからず(昔のハードディスクのどこかにあるはず……)、ついつい聞きたくなって「ラウドネス」とiTunesの検索窓に入力。で、しばらくラウドネスの80年代の曲を聞いていたが、見慣れないバンドがラウドネスの代表曲「Loudness」をカバーしている。それがEESだった。EESの“スゴイ・インディード”のiTunes版のボーナストラックに「ラウドネス」が入ってた。

んで、再生してみると、おぉ、なかなかカッコイイ「ラウドネス」。かなり忠実なカバー。ボーカルの声が良いなぁ。調べてみると結構古くからあるバンド。しかも日本よりも欧米で有名というからかなりの変わりダネ・ロックバンドだ。ギター&ボーカル、ベース、ドラムというとてもシンプルな構成のバンドだが、そのサウンドはかなり重厚だ。しかもボクの大好きなブラックサバスを敬愛しているらしい。こりゃ〜、と、俄然興味が湧いてきた。

という訳でそこからエレクトリック・イール・ショックの視聴がスタートした。まずは“スゴイ・インディード”というアルバム。アルバムタイトルにもなっているこの曲「スゴイ・インディード」の歌詞が泣かせる。1990年代から活動しているということ、そしてすでに40代半ばに差し掛かっているらしい彼らの年齢を考えると……うん、泣けてくる。だって……。

I wanna make it now.ほんとにスゴイの見せてやるぜ
I'm gonna take them all.けっこうヤバイの持ってるぜ
I wanna make it now.ここらで一発みせてやるぜ
I'm gonna take them all.けっこう本気でやってるぜ

I wanna make it now.ほんとにスゴイの見せてやるぜ
I'm gonna take them all.けっこうヤバイの持ってるぜ
I wanna make it now.そろそろオレにもまわしてくれよ
I'm gonna take them all.いったい何年やってんだい

……切ない。

ブログの「Bio:」欄には

世界を相手に暴走を続けるロック侍3人衆
エレクトリック・イール・ショック
ギター&ヴォーカルの森本
ベースの前川
そしてドラムのジャイアンという
3ピースのロックン・ロール・バンドは

クラシック・ロックやヘヴィ・メタルへの愛情を
思い切り注ぎ込んだサウンド・スタイルと
怒涛のパフォーマンスを武器に
全米、ヨーロッパを中心に20カ国以上をツアーし続け

DOWNLOADやROSKILDEなどといった
ヨーロッパのフェスティヴァルにも数多く出演

プレイする度にキッズはもちろんの事
幅広いアーティスト達をも虜にしていく
日本が世界に誇るロック・バンドだ

という紹介文。

で、オフィシャルサイトはこちら。もちろん、そこのバイオグラフィーの方が相当詳しい。

しばらくEESにハマりそうだ。9月末には下北沢でライブやるらしいから、行ってこようかなぁ。それにしてもボクの音楽ジャンル、ヘビーメタルから雅楽まで(中島みゆき含む)、結構広いよなぁ〜。

|

« 着信拒否にしたい今日この頃 | トップページ | " I Wanna Be A Black Sabbath Guy, But I Should Be A Black Bass " »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/52783515

この記事へのトラックバック一覧です: SUGOI ! "Sugoi Indeed":

« 着信拒否にしたい今日この頃 | トップページ | " I Wanna Be A Black Sabbath Guy, But I Should Be A Black Bass " »