« Siriってすごい! | トップページ | Lion① »

2011/10/22

ライオンデビュー

iPhone の購入に合わせて、iCloudも本格導入をスタート。それに伴い、ライオン(OS10.7〜)を遂に購入&インストールした。

ぱっと見、かなり違う。まずはサファリなどの右側のスクロールバーが細く、見にくくなった。これはマジックトラックパッドを利用しろと言うことなんだろう。それからドッグを見ると、見慣れない項目が新たに追加された。

なんだか、ロケットの絵みたいのが書かれている「Launchpad」、その下には「Mission Control」、そして、一番下には「FaceTime」。知らないアプリケーションが3つ加わった。Launchpadはその名前からしておそらくランチャーの類いだろう。Mission Controlってのはリマインダーか何かだろうか? いや、きっと違うだろうなぁ。Missionって聞くだけで何だか重々しい。FaceTimeは確かiPhoneにそんな機能がなかったっけ?

そして、ここが重要!使えなくなったアプリケーションにはドック上で通行止めの標識のようなマークがつけられている。その代表格はMicrosoft Exel。聞いてはいたが、やはり。Microsoft Office 2004は基本的に全滅。その他にもアプリケーションフォルダを見たらいろいろと使えなくなっていた。というかExcel以外はほとんど最近使ってないから、あまり痛みはない。もっともExcelもNumbersかNeoOfficeで代用するのでそんなに困らない。

それよりも驚いたのがFinderの新規ウインドウ。そのサイドバー。一番上にマイファイル、その下にAirDropと見慣れない項目が(笑)。前は接続しているデバイスが一番上に来てたはずが、一体どこへ?と思ったら一番下だった(笑)。

でもマジックトラックパッドあるいはスクロールマウスを使っていてすごく違和感を覚えたのが、サファリとFinderウインドウのスクロール方向が逆になったこと。従来は、私の環境下ではアドビのイラレを除き、下方向(手前)に指を動かすと画面上では下へとスクロールしていた。しかしなぜかライオンからは下へ指を動かすと、上へとスクロールする。いや、、、、慣れるまで辛そうだなぁ。

|

« Siriってすごい! | トップページ | Lion① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/53051136

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンデビュー:

« Siriってすごい! | トップページ | Lion① »