« 中指を立てちゃなぁー | トップページ | バッテリー放電 »

2011/12/09

チャンピオンズリーグ

ずいぶん今年のグループステージは大どんでん返しがあった。まさかユナイテッドとシティがグループステージで敗退するとは。

「死のグループ」A組ではビジャレアルがまさかの勝ち点0。おかげでナポリがシティを凌駕してA組2位に。C組はバーゼルがユナイテッドよりも上位という驚きの結果。C組の組み合わせを見た時はユナイテッドが余裕で勝ち抜けと思ったけど……。まさかの敗退。G組だってゼニトはともかくキプロスのAPOELがグループステージを突破するとは思わなかった。残り2チームがポルトとシャフタールと考えればなおのこと。順当だったのはF組とH組くらいかも……。

ここ10数年続いてきたが「サッカー強豪国」の地図に変化が起きているのだろうか? UEFAの改革が実り出したということか?

一方で解せないのがD組最終節。レアルマドリーの突破は順当でもリヨンとアヤックスは……。結果としては信じがたいスペクタクルな最終節だったが、こういう話がでちゃうんじゃなぁー。アヤックス好きとしては、徹底的に解明してもらいたい。普通に考えれば、あり得ないスコアだし。もっともそんなスペクタクルが起こってしまうことが、サッカーの面白さでもあるのだけれど。そういう話が出ること自体、腹立たしい。

|

« 中指を立てちゃなぁー | トップページ | バッテリー放電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66468/53443681

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピオンズリーグ:

« 中指を立てちゃなぁー | トップページ | バッテリー放電 »